アメーバ赤痢 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

アメーバ赤痢

どんな感染症か

赤痢アメーバという原虫による大腸の感染症で、世界で年間約5千万人の感染者、4~10万人の死亡者がいると推定されています。赤痢アメーバの嚢子(のうし)に汚染された飲食物を口からとることで感染します。急性期の患者さんよりも嚢子を排出する無症候性の感染者が感染源として重要です。

ほかの寄生虫感染症に比べ、日本でも多くの感染が発症しているので注意が必要です。年間700~800人の届け出があり、4~5年前と比較すると約1・7倍増加しています。死亡例は年間数例です。感染した人の8~9割は海外渡航歴がなく、ほとんどの場合が男性同性愛者または知的障害者です。国内では食中毒として発生するケースはほとんどありません。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

感染しても症状が現れるのは5~10%程度です。粘血便、下痢、しぶり腹、鼓腸(こちょう)、排便時の下腹部痛などの赤痢症状を示します。典型的なケースではイチゴゼリー状の粘血便を排泄し、数日から数週間の間隔で増悪(ぞうあく)と寛解(かんかい)を繰り返します。

増悪時は腸穿孔(せんこう)(孔(あな)があく)を起こしたり、腹膜炎を起こすこともあります。また、大腸炎症状を起こす患者さんのうち約5%で腸管外への播種(はしゅ)(病原体がばらまかれる)がみられます。肝臓・肺・脳などで膿瘍(のうよう)を形成し、重い症状を示します。このうち肝膿瘍が最も高い頻度でみられます。
9ページTOPへ▲

検査と診断

糞便中あるいは膿瘍液中の赤痢アメーバ原虫を顕微鏡で確認することで診断がつきます。

同時に、赤痢アメーバの主要抗原蛋白質を免疫酵素抗体法で検出したり、赤痢アメーバのDNAをPCR法で増幅することにより、直接赤痢アメーバの存在を証明する方法が最も確実です。

また、患者さんの血液のなかに赤痢アメーバに対する抗体があるかどうかを調べる方法も一般的で、専門の研究・検査機関に一般の病院・医院からでも依頼検査ができます。
9ページTOPへ▲

治療の方法

メトロニダゾール(フラジール)、チニダゾールの経口投与が一般に有効です。重症の患者さんにはデヒドロエメチンの静脈注射も行われます。嚢子保有者にはメトロニダゾールのほかにフロ酸ジロキサニドが用いられ、有効な場合もあります。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

腸炎の症状を示す場合は細菌性の赤痢潰瘍性大腸炎クローン病などと間違われることがあります。アメーバ赤痢は一般に全身状態がよく、増悪・寛解を繰り返すことがよくあります。腸穿孔、腸管外播種などになると命に関わるので、症状に気づいたら内科・感染症科などを受診する必要があります。

9ページTOPへ▲

アメーバ赤痢の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


内科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲