日本紅斑熱 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

日本紅斑熱

どんな感染症か

病原体は、日本特有のリケッチアの一種リケッチア・ジャポニカで、野山に入り、このリケッチアをもつマダニに刺されて感染します。

主に西日本で春~秋にかけて年間約40名の患者さんが報告されています。治療が遅れると重症化し、死亡することがあります。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

潜伏期間は2~8日で、頭痛、発熱(39℃)、倦怠感(けんたいかん)を伴って発症します。つつが虫病と同様に、発熱、発疹および刺し口が主要3徴候で、ほとんどの症例にみられます。
9ページTOPへ▲

検査と診断

検査所見では、CRPの上昇、肝酵素の上昇、白血球減少および血小板減少などがみられます。血清抗体を測定して確定診断が行われています。
9ページTOPへ▲

治療・予防の方法

症状から本症を早期に疑い、適切な抗菌薬を投与することが重要です。予防は発生時期および発生地を知り、汚染地域に立ち入らないことです。やむを得ず立ち入る際には皮膚の露出を避け、ダニ忌避(きひ)剤を使用し、作業後は入浴して注意深く付着ダニを除去します。

9ページTOPへ▲

日本紅斑熱の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


内科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲