ガングリオン<皮膚の病気> - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ガングリオン<皮膚の病気>

どんな病気か

皮膚よりも深いところから発生したゼリー状の内容物が入った袋で、腱鞘(けんしょう)(腱を包むさや)や関節包(かんせつほう)(関節を包む袋)と連続あるいは近接しています。

関節包や腱鞘の変性により発生します。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

関節の周辺に、米粒大からピンポン玉くらいまでの隆起したしこりができます。通常、皮膚の表面には変化はなく、しこりは皮膚の下に触れます(図89)。手首にできることが多く、不快感がありますが、多くの場合痛みはありません。ただし、神経が圧迫されると痛みが出ることもあります。
9ページTOPへ▲

検査と診断

針を刺して内容を吸引し、内容物が黄色のゼリー状であれば診断できます。
9ページTOPへ▲

治療の方法

診断がつけば、放置しておいて差し支えありません。大きくなるもの、痛みが強いもの、神経の圧迫による症状が出るものには治療を行います。

治療法は、注射器で内容物を吸引後、皮膚の上から圧迫します。繰り返し内容物がたまる場合には手術で摘出することもあります。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

皮膚科または整形外科専門医を受診して診断を確定したうえで、治療法を相談してください。

9ページTOPへ▲

ガングリオン<皮膚の病気>の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


皮膚科
整形外科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲