老人性白斑 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

老人性白斑

どんな病気か

高齢者の皮膚にみられる点状の白斑です。表皮の色素細胞の減少と、色素細胞の機能低下によるメラニン色素の減少により、皮膚の色素が薄くなり白斑になります。その原因はよくわかっていませんが、一種の加齢による影響であると考えられています。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

高齢者の四肢や体幹に、米粒大の白斑が出現します。女性よりも男性に多いといわれています。数個から数十個まで、白斑の数には個人差があります。基本的には、個々の白斑は拡大したり融合したりしません。
9ページTOPへ▲

検査・治療の方法

特別な検査は必要ありません。熟練した皮膚科医であれば、通常は診察をするだけで診断できますが、癜風(でんぷう)と判別すべき場合もあります。

現在のところ有効な治療法はありません。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

癜風菌による低色素斑と見分けるためには、顕微鏡検査が必要な場合があります。また、よく似た病気の尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)に対しては効果的な治療法があるので、一度、皮膚科医の診察を受けて診断を受けるのがよいでしょう。

9ページTOPへ▲

老人性白斑の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


皮膚科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲