手白癬(手の水虫) - メディカルiタウン

メディカルiタウン

手白癬(手の水虫)

どんな病気か

手に生じる白癬菌(はくせんきん)感染症で、頻度は全白癬患者の3%程度です。

手白癬は本人の足(あし)白癬からうつることが多いので、足白癬の放置が最も問題になります。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

手白癬は片手だけに生じることが多く、鱗屑(りんせつ)(皮膚表面からはがれかけている角質)を伴う角化傾向のある紅斑(こうはん)を示します。小水疱(しょうすいほう)を伴うこともあり、かゆみは軽度です。手の皮膚炎で最も多いのは手湿疹で、ほとんどの場合、両手に病変を生じます。したがって片手の時は手白癬の疑いがあります。
9ページTOPへ▲

検査と診断

直接鏡検(顕微鏡での検査)KOH法で行います。足白癬より菌要素を検出しやすい病気です。
9ページTOPへ▲

治療の方法

外用療法を行います(白癬)。足白癬より治りやすい病気です。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

自分の手から、爪を含めて体のほかの部位へ拡大していることがあるので、全身のチェックを行ってください。

9ページTOPへ▲

手白癬(手の水虫)の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


皮膚科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲