環状肉芽腫 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

環状肉芽腫

どんな病気か

真皮のコラーゲンの変性(組織が壊れる)とムチン沈着、それを取り巻く炎症性肉芽腫(えんしょうせいにくげしゅ)です。症状によって、限局型、汎発型(はんぱつがた)をはじめ、多くの種類があります。
9ページTOPへ▲

原因は何か

外傷(ツベルクリン反応、帯状疱疹(たいじょうほうしん)の瘢痕(はんこん)など)、虫さされ、紫外線、金製剤、糖尿病などが原因です。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

限局型は平滑で、通常の色から淡紅色の硬い小丘疹(しょうきゅうしん)で始まり、遠心状に拡大します。中心は陥没し、1~5㎝大の環状堤防状隆起になります。手背、腕関節に数個発生し、ほかの症状がないのが特徴です。

汎発型は体幹、四肢末端に左右対称に、斑状の局面、丘疹、結節が急速に現れ、環状配列を示す部分もみられます。ほかに穿孔(せんこう)型、中心臍窩(ちゅうしんさいか)をもつ丘疹型、紅斑型、結節型、線条型、潰瘍型、皮下型(小児に多く、頭部、手のひら、下肢、また関節など骨突起部に好発)などさまざまです。
9ページTOPへ▲

検査と診断

組織検査では、膠原(こうげん)線維変性、ムチン沈着、一部線維化があり、周囲をリンパ球、組織球が取り囲む像になります。汎発型は、糖尿病合併があるので、その検索が重要です。区別すべき疾患として脂肪類壊死症(しぼうるいえししょう)、リウマチ結節、サルコイドーシス扁平苔癬(へんぺいたいせん)があります。
9ページTOPへ▲

治療の方法

生検などの外的侵襲により自然に消退することもあります。2年以内に多くの例が消退します。しかし汎発型では10年以上続くこともまれではありません。全般的に治りにくい病気です。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

皮膚科を受診します。

9ページTOPへ▲

環状肉芽腫の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


皮膚科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲