虫刺症 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

虫刺症

どんな病気か

蚊、ブヨ、ノミなどの昆虫や、イエダニなどの吸血性ダニに刺されて生じた皮膚炎です。毒蛾(が)などの幼虫や成虫の毒毛との接触により生じた皮膚炎(毛虫皮膚炎や毒蛾皮膚炎)も含まれます。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

刺されたあと30分以内に、かゆみを伴うやや隆起した赤い発疹が現れます。1~2時間後には発疹は消失あるいは軽減しますが、6~48時間後に再びかゆみを伴う赤い発疹が生じます。時に水ぶくれとなる場合もあります。

ノミやイエダニでは6時間以後に反応が出てくることが多く、虫刺されに気づかないこともあります。毛虫皮膚炎や毒蛾皮膚炎では、やや隆起した赤い発疹が多数集まって現れます。
9ページTOPへ▲

治療の方法

発疹に対してはステロイド外用薬を塗布し、症状が強い場合にはステロイド薬を短期間内服します。可能なかぎり原因となる虫を特定して、再び同じ発疹が出ないような対策をとることが必要です。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

かゆみのために引っかいて症状が悪化するので、引っかかないように気をつけます。近くの皮膚科専門医のいる医療機関を受診して診断、治療を受けます。

9ページTOPへ▲

虫刺症の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


皮膚科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲