抗利尿ホルモン分泌異常症(SIADH) - メディカルiタウン

メディカルiタウン

抗利尿ホルモン分泌異常症(SIADH)

どんな病気か

下垂体からの抗利尿(こうりにょう)ホルモン(ADH)の分泌調節機能が損われ、血管内の水分が過剰にもかかわらず、抗利尿ホルモンの分泌が抑制されない状態をいい、血管内の水分貯留と希釈性低ナトリウム血症が生じます。
9ページTOPへ▲

原因は何か

原因は多種にわたります。脳の外傷、脳卒中、出血、腫瘍(しゅよう)や脳炎による抗利尿ホルモンの分泌調節の異常によることがあります。肺がん膵臓(すいぞう)がんが抗利尿ホルモンを分泌することもあります。その他、肺炎や薬が原因でも生じることがあります。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

浮腫(ふしゅ)(むくみ)はなく、血中ナトリウムの低下の程度により、意識状態に変化がみられます。血中ナトリウムがある程度まで低下すると、食欲不振、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、性格の変化などが起こります。さらには、精神錯乱(さくらん)、けいれん、昏睡(こんすい)状態に至ります。
9ページTOPへ▲

検査と診断

血中ナトリウムと浸透圧が低下し、一方、尿中の浸透圧が血中よりも高値を示し、ナトリウム排泄も低下しません。血中抗利尿ホルモンは低浸透圧にもかかわらず、相対的に高値を示します。水負荷試験といって、体重あたりで決められた量の水を飲み、採尿、採血して、浸透圧と血中の抗利尿ホルモンの変動を調べることがあります。血中浸透圧は低値で、尿中浸透圧は高値の状態が続きます。
9ページTOPへ▲

治療の方法

水分摂取の制限が基本となります。1日あたり1l程度まで水分が制限されます。ほかに、抗利尿ホルモンのはたらきを抑える薬剤が有効なこともあります。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

予後は原疾患によって左右されます。低ナトリウム血症が進むと、死に至る危険があります。老人に多くみられ、治療中の基礎疾患が原因のこともあるので、通院中の人は担当医に相談してください。

9ページTOPへ▲

抗利尿ホルモン分泌異常症(SIADH)の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


内科
9ページTOPへ▲

執筆者:



他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲