陰茎形成性硬結症 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

陰茎形成性硬結症

どんな病気か

30~50代に多く、陰茎海綿体を包む白膜という結合組織に瘢痕(はんこん)(硬いすじ状の組織)ができることより勃起(ぼっき)時に陰茎が屈曲してしまう病気です。別名パイロニー病と呼ばれています。
9ページTOPへ▲

原因は何か

原因はまだよくわかっていません。何らかの炎症反応によって、瘢痕が形成されるといわれています。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

陰茎の皮膚のなかに硬いしこりを触れます。陰茎の陰嚢と反対側の面にできることが多くみられます。平常時は痛くもかゆくもありませんが、勃起した時に陰茎が瘢痕のできた側に曲がってしまい、痛みを伴うことがあります。曲がり具合にもよりますが、性交時に挿入不能になってしまいます。
9ページTOPへ▲

検査と診断

特徴的な症状と触診所見で診断がつきます。
9ページTOPへ▲

治療の方法

発症直後には炎症を抑える薬が使われます。超音波治療、ステロイド薬注入、コラーゲン分解酵素注入などが試みられていますが、あまり有効ではないようです。痛みがある時に放射線照射が有効という報告もあります。のみ薬としては、ビタミンEの内服が有効とされています。

性交渉に障害が出るような場合、本人が希望すれば手術を行います。硬化した陰茎海綿体の白膜を切除し、欠損部には皮膚の移植を行います。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

悪性の病気ではないので命に関わることはありませんが、性生活に支障を来すようであったり、他の病気、たとえば陰茎がんなどとの見極めが困難な場合は、泌尿器科に相談してください。

9ページTOPへ▲

陰茎形成性硬結症の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


泌尿器科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲