尿管瘤 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

尿管瘤

尿管口の粘膜が狭窄(きょうさく)を生じたことにより、尿管下端が膀胱内に嚢状(のうじょう)に拡張した病気です。女性に多く、左側に多く発症します。

静脈性腎盂撮影では、膀胱内にこぶ状の陰影欠損がみられ、コブラ・ヘッド・サインといわれる所見が認められます。こぶといわれる嚢状のなかに、結石を合併することもあります。尿管開口異常(尿管異所開口)を合併することもあります。

症状はとくになく、偶然発見されることもあります。治療は嚢状のこぶの一部を内視鏡的に切開するだけで改善します。嚢をあまり大きく切除すると、膀胱尿管逆流現象を起こすことがあるといわれています。

9ページTOPへ▲

尿管瘤の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


泌尿器科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲