血栓性外痔核 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

血栓性外痔核

どんな病気か

肛門の外痔核に血栓が生じて小さな塊を形成し、そのためにはれ、痛みを伴うようになる病気です。元来、痔の気のない人にも、突然発症することがあります。
9ページTOPへ▲

原因は何か

肛門周囲の外痔静脈叢(そう)という、血管が網の目のようにたくさん集まっている部分の血管内に内出血をして血栓が形成され、腫脹(しゅちょう)した病気です。

下痢、便秘でいきんだ時、スポーツで肛門部に負担がかかった時などに突然生じます。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

急激にズキンズキンとした重苦しい鈍痛(どんつう)が生じます。力を入れようとしても肛門の痛みのために力が入らないこともあります。

肛門周囲には、青黒く透けてみえる、エンドウ豆大の丸い塊(血栓)が現れます。普通は1個ですが時には数個のこともあります。それが破けると血の塊が顔を出し、出血することもあります。
9ページTOPへ▲

治療の方法

保存的に治します。坐薬、軟膏を使い、ひどければ抗炎症薬、消炎酵素薬、消炎鎮痛薬を内服します。1週間以内に痛みはとれ、血栓は1カ月以内に吸収されなくなります。

血栓が大きく、治りが悪ければ外来で局所麻酔をしたうえで、手術的に切開を加えて血の塊を除去します。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

とりあえずは温めることです。入浴を十分に行い、温めることが痛みをとり、早く治すのに重要です。入浴時だけでなく、即席カイロのようなもので下着の上から温めるのも効果があります。

肛門部をきれいにしておくことも必要です。入浴の際だけでなく排便後も肛門を紙でふくだけでなく温湯できれいに洗うようにします。洗ったあとは十分に乾燥させておくことも重要です。

肛門に負担をかけないように激しいスポーツは避け、アルコール、刺激物の摂取もひかえます。それでもズキンズキンとした痛みがとれなければ、早めに受診して外用薬、内服薬の投与を受けます。

9ページTOPへ▲

血栓性外痔核の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


肛門外科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲