胃マルトリンパ腫 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

胃マルトリンパ腫

どんな病気か

リンパ腫はいわばリンパ球のがんですが、リンパ性白血病とは違い、腫瘍細胞は普通は血液中を流れずに、リンパ節を中心に腫瘍塊(しゅようかい)を形成します。つまりリンパ節の腫瘍ともいえます。ところが人間は正常でも、リンパ節以外にもたとえば消化管の粘膜などにリンパ節によく似た組織を形成します。これをパイエル板やリンパ濾胞(ろほう)などと呼んでいますが、胃マルトリンパ腫はこうした胃のリンパ濾胞から発生する腫瘍と考えられています。

マルトリンパ腫は一般に良性の経過をたどりますが、時に大細胞型びまん性リンパ腫という悪性リンパ腫へと移行することがあります。なお、リンパ球にはBリンパ球とTリンパ球とがありますが、マルトリンパ腫はBリンパ球の腫瘍です。また、胃のリンパ腫はマルトリンパ腫も含めて、胃がんに比べると非常にめずらしい病気です。
9ページTOPへ▲

原因は何か

マルトリンパ腫は体中のどこにもできますが、胃に限っていえばその約80%は、慢性胃炎、胃十二指腸潰瘍胃がんの原因ともなっているヘリコバクター・ピロリの感染が原因となっています。ただしヘリコバクター・ピロリに感染していても、実際にマルトリンパ腫になる人は極めてまれで、感染者のうちのどのような人がマルトリンパ腫になるのかは、まだよくわかっていません。

一方、残りの20%の原因については、その約半数はAPI2/MALT1という遺伝子の異常が原因であることがわかっています。この遺伝子異常がどうして生じるかは、よくわかっていません。さらに残りの半分については、今のところ原因はまったく不明です。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

多くの人は無症状ですから、多くは健診で発見されています。そのほか、腹痛、胸やけ、上腹部の不快感、時に吐血などを生じる人がいますが、症状は一般的に軽い場合が多い傾向にあります。
9ページTOPへ▲

検査と診断

唯一の検査が内視鏡です。内視鏡でマルトリンパ腫が疑われたら、生検を行って病理組織学的検査を行い、診断を確定します。診断には通常の病理検査に加えて、さまざまなリンパ球の特殊染色検査や遺伝子の検査などを行います。また原因を明らかにするために、ヘリコバクター・ピロリに関する検査(尿素呼気試験、抗体検査など)を行います。
9ページTOPへ▲

治療の方法

内視鏡および病理検査でマルトリンパ腫であって、悪性リンパ腫ではないと判断された場合は、ヘリコバクター・ピロリの検索を行います。ヘリコバクター・ピロリが陽性の場合は1週間の除菌療法をします。約90%の人が除菌に成功し、そのうちの約80~90%の人はマルトリンパ腫が治ります。除菌を行っても治らない場合や逆に進行する場合は、放射線療法や薬物投与(化学療法)、あるいは手術の対象になります。多くの場合、これらで十分な治療効果が得られます。

一方、ヘリコバクター・ピロリが陰性の場合は、遺伝子検査を行います。遺伝子検査でAPI2/MALT1遺伝子異常が陽性の場合は、ヘリコバクター・ピロリ除菌療法は無効のため、原則的に前記の治療法を行います。ただし、この遺伝子異常がある場合は、逆に悪性リンパ腫へと進行しにくいともいわれているため、場合によっては治療は行わずに経過をみることもあります。

そのほか、原因不明のマルトリンパ腫の場合は前記の放射線治療、薬物治療、あるいは手術療法を選択します。悪性リンパ腫に進行することもあるので、しっかりした治療が必要です。

これらヘリコバクター・ピロリ除菌療法以外の治療法については、現在その成績に大きな差はないといわれています。なお、マルトリンパ腫は治ったといっても完全には消えてなくならない場合がありますが、この場合でも多くはがんと違い、経過観察をして大きくならないかどうかをチェックするだけで十分です。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

マルトリンパ腫が疑われたら消化器病の専門医を受診して、さらに詳しい内視鏡検査を受けるようにしてください。

9ページTOPへ▲

胃マルトリンパ腫の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


消化器内科
9ページTOPへ▲

執筆者:



他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲