歯みがき剤について - メディカルiタウン

メディカルiタウン

歯みがき剤について

歯みがき剤は、歯口清掃と歯科疾患の予防効果を高めるために、歯ブラシとともに用いられる保健剤です。練り状が最も一般的で、成分には、基本成分と薬用成分があります。

基本成分とは、研磨剤(けんまざい)、湿潤(しつじゅん)剤、結合剤、発泡剤、香味料などです。

薬用成分とは、歯科疾患を予防または改善するために添加された成分です。代表例は、

むし歯予防:フッ化物(フッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム)

歯周病の予防・改善:塩化セチルピリジウム、トリクロサン、グリチルリチン酸、クロルヘキシジン

口臭予防:銅クロフィリンナトリウム

・知覚過敏:乳酸アルミニウム

などがあります。

フッ化物は、国内の歯みがき剤の約80%に配合され、むし歯の予防効果が確認されています(コラム)。

薬用成分の効果を高めるには、使用後は水を少し口に含み、1~2回軽くすすぐとよいでしょう。歯みがき剤は種類も多く、歯科専用の製品もあるので、かかりつけ歯科医のアドバイスを受けて選ぶことをすすめます。

9ページTOPへ▲

歯みがき剤についての初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


歯科
小児歯科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲