ミクリッツ病 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ミクリッツ病

どんな病気か

シェーグレン症候群に類似の唾液腺(だえきせん)疾患とされています。
9ページTOPへ▲

原因は何か

良性の病変で、唾液腺や涙腺(るいせん)にリンパ球が浸潤(しんじゅん)することで、慢性の炎症に類似した様相となります。病理学的にはシェーグレン症候群に類似しています。リンパ球の浸潤の原因は不明です。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

性別では、男女で現れ方や、現れる頻度に差はありません。口腔や目の乾燥感は強くありません。むしろ唾液腺や涙腺が両側性または片側性にはれる症状が現れます。腫脹(しゅちょう)部には痛みはありません。
9ページTOPへ▲

治療の方法

副腎皮質ステロイド薬による薬物治療が行われます。口腔外科専門医、眼科専門医、耳鼻咽喉科専門医にご相談ください。

9ページTOPへ▲

ミクリッツ病の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


歯科口腔外科
耳鼻咽喉科
眼科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲