口腔乾燥症(ドライマウス) - メディカルiタウン

メディカルiタウン

口腔乾燥症(ドライマウス)

どんな病気か

唾液(だえき)分泌量が低下して唾液の質に異常を来し、のどが渇いたり口のなかが乾燥し、痛みや不快感が生じます。
9ページTOPへ▲

原因は何か

自己免疫疾患であるシェーグレン症候群の口腔症状としてよく知られていますが、本症の多くは、薬剤の副作用、糖尿病更年期障害腎不全、口腔周囲の筋力の低下、ストレスなど複合的な要因で発症しています。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

クッキーやクラッカーなど水分の少ない食品が飲み込めないなどの嚥下(えんげ)障害味覚障害、口のなかがねばねばする、唇・舌・口のなかの粘膜の乾燥や夜間の乾燥感といった症状が現れます。さらに、義歯(ぎし)の不適合、装着時の疼痛(とうつう)、カンジダ菌の増殖による舌痛(ぜっつう)や口角炎(こうかくえん)も認められます。う蝕(しょく)むし歯)の多発、舌苔(ぜったい)の肥厚、口内炎口臭が生じます。
9ページTOPへ▲

検査と診断

安静時唾液分泌量(基準値1・5ml/15分)、刺激時唾液分泌量(基準値10ml/10分)、サクソンテスト(ガーゼを噛んで唾液分泌量を測る:基準値2g/2分)を測定し、分泌量が基準値以下の場合は口腔乾燥症と診断します。
9ページTOPへ▲

治療の方法

原因により対処は異なりますので、原因を明らかにします。シェーグレン症候群では、唾液分泌促進薬や漢方薬の処方が可能です。

対症療法としては、人工唾液、口腔保湿・湿潤剤(しつじゅんざい)などにより口腔内の保湿を心がけることが大切です。歯科医院で作成可能な保湿装置(モイスチャープレートなど)は、唾液の蒸発を防ぎ、夜間の乾燥感に有効です。口腔筋機能療法は、筋力を強化させ唾液分泌を促進させる効果が期待できます。

9ページTOPへ▲

口腔乾燥症(ドライマウス)の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


内科
歯科口腔外科
歯科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲