音響外傷 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

音響外傷

どんな病気か

内耳の蝸牛(かぎゅう)が瞬間、あるいは比較的短時間に聞いた大きな音(強大音)のために障害を受けて、急激に発生する難聴をいいます。
9ページTOPへ▲

原因は何か

銃火器の暴発など、耳が痛くなるようなレベルの強大音を予期せず突然聞いた場合、それが一瞬であっても難聴の原因になります。

一方、耳が痛くなる程度でなくても、ロックコンサートなどのように強大音を1~2時間連続して聞いた場合にも難聴が発生します。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

強大音を聞いた直後から耳が詰まった感じ(耳閉塞感(じへいそくかん))になり、それがおさまってから耳鳴り難聴に気づくことが多いようです。
9ページTOPへ▲

検査と診断

難聴の程度を調べるために純音聴力検査が必要になります。強大音によって蝸牛内に発生した障害の部位により、難聴のパターンも異なります。
9ページTOPへ▲

治療の方法

突発性難聴に準じた治療が行われ、副腎皮質ステロイド薬、循環改善薬などが使われます。また、内耳への血行を盛んにすることを目的とした星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロック療法が用いられる場合もあります。

なお、これらの治療を行っても十分な治療効果がなく、難聴が改善しないことがあります。治療効果をあらかじめ予測することは困難です。
9ページTOPへ▲

予防はどうする

偶発性の強大音は避けようがありません。しかし、強大音の発生が予測される場合には、音源から一定の距離をおくことに注意を払ったり、耳栓などの遮音効果のある防音具をつけておくことが重要です。

9ページTOPへ▲

音響外傷の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


耳鼻咽喉科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲