外傷性白内障<眼の病気> - メディカルiタウン

メディカルiタウン

外傷性白内障<眼の病気>

どんな病気か

眼球に強い外傷を受けると、子どもも大人も外傷性白内障を生じることがあります。外傷によって、水晶体(すいしょうたい)を固定しているチン氏帯と呼ばれる細い糸の力が弱くなって水晶体亜脱臼(あだっきゅう)を起こしたり、水晶体嚢(のう)に亀裂ができたり、急速に過熟白内障(かじゅくはくないしょう)になったりすることが多く、手術方法もその場の状況で臨機応変に対応していかざるをえなくなります。

また角膜(かくまく)、強膜(きょうまく)や網膜(もうまく)にも外傷による疾患が生じていることが多く、その治療も必要です。眼内レンズが同時には入れられないこともあります。

9ページTOPへ▲

外傷性白内障<眼の病気>の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


眼科
9ページTOPへ▲

執筆者:



他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲