フリクテン性結膜炎 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

フリクテン性結膜炎

どんな病気か

フリクテンとは水疱(すいほう)のことで、角膜(黒眼)や結膜に丸い隆起のできる病気です。
9ページTOPへ▲

原因は何か

一種のアレルギーです。その原因は、昔は結核菌が多かったのですが、現在ではブドウ球菌や真菌(カビ)に対するアレルギーといわれています。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

角膜(黒眼)に接する結膜が部分的に充血し、異物感を伴います。多くは角膜の右端か左端の結膜に起こります。数日すると充血の中心が隆起します。自然に治っても再発することが多くみられます。
9ページTOPへ▲

検査と診断

症状から診断します。角膜に病変が広がることもあります。
9ページTOPへ▲

治療の方法

ステロイド薬を点眼すると、普通、数日で治ります。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

あまり悪質な病気ではありませんが、早めに専門医の診察を受けてください。

9ページTOPへ▲

フリクテン性結膜炎の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


眼科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲