血管肉腫<運動器系の病気(外傷を含む)> - メディカルiタウン

メディカルiタウン

血管肉腫<運動器系の病気(外傷を含む)>

どんな病気か

血管をかたちづくっている血管内皮細胞と呼ばれる細胞由来の肉腫です。発生率は低く、全肉腫の1%程度に過ぎません。転移(病気が最初に発生した部位から、悪性の細胞が血液やリンパ液の流れにのってのほかの臓器に移ること)や再発(手術した場所にもう一度病気が発生すること)が起こりやすく、治療の難しい肉腫のひとつです。

手足の軟部組織のほか、皮膚や肝臓にも発生します。軟部組織に発生する例では、50代以降の比較的高齢の患者さんが多いみられます。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

比較的短い期間に増大する瘤(こぶ)として発症します。下肢に最も多く、次いで上肢、体幹部に発生しやすいといわれています。

痛みを伴うことは少ないようですが、時に浮腫(ふしゅ)、循環障害、感染、潰瘍(かいよう)や出血を伴います(図59)。また、全体の約3分の1の症例で正常な血液の機能が損なわれており、貧血や血液凝固能(出血などの際に血液がうまく固まる作用)の異常がみられます。

病気が進行すると、肺、リンパ節、骨、軟部組織などに転移し、全身的な問題を引き起こします。
9ページTOPへ▲

検査と診断

MRIなどの画像検査で病気の広がりを把握します。血液の検査を行い、血液の機能(貧血や凝固能)を評価します。

診察や画像のみで病名を決定することはできません。小手術などで組織の一部を採取し、顕微鏡で観察を行うことで病名を確定します。
9ページTOPへ▲

治療の方法

再発を防止するため、周囲の正常な組織を含めて腫瘍を摘出する必要があります。画像診断や手術の技術が発達したため、昔と違って四肢切断術が行われる機会は少なくなりつつあります。しかし、潰瘍などからの出血が制御できず、ショック状態となり血圧が低下してきた場合などには、切断術が必要となることもあります。

周囲の組織への浸潤(しんじゅん)傾向に対応するため、放射線療法が行われることもよくあります。皮膚に発生した例では、インターロイキン2など特殊な薬剤の投与が有効である例があります。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

がんセンターや大学病院での精密検査と専門的な治療が必要です。
9ページTOPへ▲

関連項目

血管腫

9ページTOPへ▲

血管肉腫<運動器系の病気(外傷を含む)>の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


整形外科
皮膚科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲