足趾伸筋腱・屈筋腱損傷 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

足趾伸筋腱・屈筋腱損傷

どんな外傷か

挫創(ざそう)、切創(せっそう)、圧挫(あつざ)などによる開放性損傷(かいほうせいそんしょう)が大部分です。足趾伸筋腱は、足背の皮下のすぐ触れる位置にあるので、損傷機会が多く、比較的軽度の外傷による損傷もあります。一方、足底部は皮下組織が厚いので、深部にある足趾屈筋腱の単独損傷は比較的まれです。
9ページTOPへ▲

見落としやすい外傷と合併症

神経損傷を合併することがあります。放置すると、断端神経腫(だんたんしんけいしゅ)が生じ、足全体の疼痛にまで発展することがあるので注意が必要です。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

足趾伸筋腱、屈筋腱ともに長・短2本の腱がありますが、長(母)趾伸筋腱あるいは屈筋腱が断裂すると、足趾は屈曲あるいは伸展位(伸びた状態)となり、伸展あるいは屈曲方向への運動ができなくなります。
9ページTOPへ▲

検査と診断

創傷の存在、伸展・屈曲が可能かどうかなどで診断します。
9ページTOPへ▲

治療の方法

開放性損傷では、基本的に縫合術を行います。
9ページTOPへ▲

外傷を負ったら

早期に整形外科を受診することをすすめます。

9ページTOPへ▲

足趾伸筋腱・屈筋腱損傷の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


整形外科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲