大腿骨骨幹部骨折 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

大腿骨骨幹部骨折

どんな外傷か

大腿骨骨幹部とは大腿骨の中央部で、皮質骨(X線写真で白く見える固い部分)で囲まれている円筒形のほぼまっすぐか、軽く弯曲(わんきょく)している部分です。

小児と成人でけがの原因が異なります。5~6歳以下の小児では虐待を含む転落が、15歳前後では交通事故が多くみられます。成人では、交通事故や転落などの高エネルギーによるものが多く、多発性の骨折を合併することもあります。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

大腿部に強い痛みがあり、歩行はできません。さらに、大腿骨に付着している筋肉群の作用により骨折部が大きくずれて、明らかな変形がみられます。
9ページTOPへ▲

検査と診断

前後左右の2枚のX線写真で診断はつきます。
9ページTOPへ▲

治療法

小児と成人で異なります。12歳までの小児は、保存的治療(手術以外の治療)を行います。ずれがあれば、牽引したりしてなるべく元にもどして骨折部の癒合を待ちます。年少ほど多少のずれがあっても、成長につれて自然に矯正される力がはたらきます。

中学生以上であれば、早期の社会復帰を図るために手術を行います。骨髄のなかに太い釘(髄内釘(ずいないてい))を挿入して、上下に数本のネジでしっかりと固定するやり方が一般的です(図22)。この方法では、手術の翌日から歩くことが可能です。まれにプレートとネジで固定することもあります。また、開放骨折や骨折部が感染している時には、大きなネジを上下に通して皮膚の外で骨折部を安定させる創外固定(そうがいこてい)といった方法を行います。
9ページTOPへ▲

合併症はどんなものか

小児では、成長につれて足の長さの違いがみられることがあります。通常は骨折した足のほうが長くなることが多く、骨折の治療が終了しても、骨の成長が終了するまでは定期的な診察を受ける必要があります。

また、変形などの後遺症が残るような骨折のずれが残った場合には、足の変形(横に曲ったり、ねじれたりする変形)がみられることがあります。
9ページTOPへ▲

応急処置はどうするか

大腿部が大きく変形して歩行できないため、すぐに整形外科へ連れていってください。

9ページTOPへ▲

大腿骨骨幹部骨折の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


整形外科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲