糖尿病に伴う神経・筋障害 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

糖尿病に伴う神経・筋障害

糖尿病は近年栄養過多と肥満の増加により、急速にその罹患(りかん)率が高まっている慢性の病気です。治療が不十分な場合、血管の変性が進み、さまざまな神経合併症が起こりますが、そのなかでも臨床的に頻度が高いものは、末梢神経障害(ニューロパチー)と脳血管障害です。

末梢神経障害では、多発性ニューロパチーの型として生じた場合、四肢の末端部のしびれ感や自律神経障害が起こります。また、ひとつの末梢神経が損われる単ニューロパチーとして起こることもあり、動眼(どうがん)神経や外転(がいてん)神経などの障害による眼球運動麻痺が起こることがあります。

脳血管障害では、糖尿病は脳梗塞(のうこうそく)の重要な発症危険因子としてあげられており、高血圧高脂血症などとともに動脈硬化を進展させる要因であり、血管の閉塞(へいそく)を起こします。

9ページTOPへ▲

糖尿病に伴う神経・筋障害の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


内科
神経内科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲