低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症) - メディカルiタウン

メディカルiタウン

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)

どんな病気か

脳・脊髄周囲の脳脊髄腔には脳脊髄液が存在していますが、この脳脊髄液が持続的ないし断続的に漏出することによって減少し、頭痛、頸部痛、めまい耳鳴り、倦怠感などの症状を訴える疾患です。
9ページTOPへ▲

原因は何か

脳脊髄腔をおおっている硬膜に亀裂などが生じ、脳脊髄腔から脳脊髄液が漏出することが原因となります。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

頭痛、頸部痛、めまい耳鳴り、視機能障害、倦怠感などの症状がみられますが、これらは起立位や座位により3時間以内に悪化します。横になっていると徐々に症状が軽快することが一般的です。
9ページTOPへ▲

検査と診断

頭部MRIで脳がやや下方に偏位している像がみられることがありますが、常に見られるわけではありません。RI脳槽(のうそう)・脳脊髄液腔シンチグラムを行うと、RI注入3時間以内に膀胱内RIが描出される像や、RIがくも膜下腔外に漏出している像がみられれば診断が可能です。
9ページTOPへ▲

治療の方法

まずは、安静臥床と十分な水分摂取が重要です。点滴による水分補給が必要な時もあります。約2週間の安静臥床と十分な水分摂取でも改善しない時には硬膜外自家血注入(ブラッドパッチ)なども考慮することになります。

9ページTOPへ▲

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


神経内科
脳神経外科
整形外科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲