パーキンソン症候群 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

パーキンソン症候群

どんな病気か

パーキンソン病を含むパーキンソニズム(コラム)を来す病気の総称で、無動、筋固縮(きんこしゅく)、振戦(しんせん)(震え)などがみられます。
9ページTOPへ▲

原因は何か

多系統萎縮症(たけいとういしゅくしょう)、進行性核上性麻痺(しんこうせいかくじょうせいまひ)、大脳皮質基底核変性症(だいのうひしつきていかくへんせいしょう)などの神経変性疾患や、多発脳梗塞(たはつのうこうそく)や脳炎などでの脳全体の機能障害、一酸化炭素中毒やマンガン中毒などでの大脳基底核の障害、薬剤による副作用などが原因となります。
9ページTOPへ▲

検査と診断

症状でパーキンソニズムがみられればパーキンソン症候群ですが、原因は前記のようにさまざまです。病歴や服薬歴などの情報や、頭部CT、MRIによる画像診断が有用です。
9ページTOPへ▲

治療の方法

パーキンソン病治療薬が試されますが、パーキンソン病に対するほどの効果はみられないことがほとんどです。

9ページTOPへ▲

パーキンソン症候群の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


神経内科
9ページTOPへ▲

執筆者:



他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲