横隔膜麻痺 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

横隔膜麻痺

どんな病気か

横隔膜とは、胸腔と腹腔を分ける膜状の筋肉です。最大の吸気筋であり、安静時の呼吸運動に関係する唯一の筋肉です。横隔膜は、左右一対の横隔膜神経の支配を受けています。横隔膜麻痺とは、横隔膜神経の麻痺により横隔膜機能が弱まったり消えた状態をいいます。そのため、麻痺側の横隔膜がもち上がり、呼吸を行っても横隔膜は動きません。
9ページTOPへ▲

原因は何か

ほとんどは片側性で、肺がんなどの腫瘍による横隔膜神経への浸潤(しんじゅん)が原因です。まれに、頸髄(けいずい)疾患によって両側性(りょうそくせい)の横隔膜麻痺を起こすことがあります。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

片側性の横隔膜麻痺では無症状です。両側性では呼吸困難を訴え、とくに仰臥位(ぎょうがい)(あお向け)で症状が強くなります。また、吸気時に腹部が陥没(かんぼつ)する奇異性(きいせい)呼吸がみられます(正常では吸気時に腹部は膨(ふく)らむ)。
9ページTOPへ▲

検査と診断

胸部X線検査で、麻痺側の横隔膜がもち上がり、呼吸を行ってもほとんど動かないことによって診断されます。
9ページTOPへ▲

治療の方法

原疾患である肺がんなどの治療を行いますが、多くの症例では改善は困難です。

両側性横隔膜麻痺では人工呼吸が必要になります。最近では、鼻マスクによる非侵襲的陽圧(ひしんしゅうてきようあつ)呼吸療法も行われます。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

片側性の横隔膜麻痺は症状がないので、自分では気づきません。

仰臥位で強くなる呼吸困難を感じたら、両側性横隔膜麻痺の可能性があるので、内科を受診しましょう。

9ページTOPへ▲

横隔膜麻痺の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


内科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲