胸膜腫瘍 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

胸膜腫瘍

胸膜とは、肺の表面をおおう臓側胸膜(ぞうそくきょうまく)と、胸壁、横隔膜(おうかくまく)、縦隔(じゅうかく)をおおう壁側胸膜(へきそくきょうまく)からなっています。胸膜の表面は、中胚葉(ちゅうはいよう)由来の中皮細胞でおおわれており、この胸膜に発生した腫瘍を、胸膜腫瘍(きょうまくしゅよう)と呼びます。

胸膜腫瘍は、原発性と転移性腫瘍に分類されますが、大部分は、他臓器のがんによる転移性腫瘍です。胸腺(きょうせん)がんや腎(じん)がんからの転移が多いといわれています。

胸膜原発腫瘍のなかで最も頻度が高いのは、胸膜の中皮細胞から発生する胸膜中皮腫(きょうまくちゅうひしゅ)であり、良性と悪性に分類されます。

9ページTOPへ▲

胸膜腫瘍の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


内科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲