気管支嚢胞 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

気管支嚢胞

どんな病気か

気管支の先天的な発育異常による嚢胞で、気管支との連絡があることはまれですが、連絡があると二次感染が引き起こされます。嚢胞壁に腺組織があるため、嚢胞内に液体がたまってきます。縦隔(じゅうかく)に発生するものは縦隔腫瘍として扱われます。

似た病名で気腫性嚢胞(きしゅせいのうほう)というものがありますが、これは肺胞壁の破壊により気腔内に発生した嚢胞です。

進行性のものはチェックバルブ(吸気は入るが、呼気は出ない現象)がはたらき、X線像では正常の肺が圧迫されてなくなってみえることがあります。上肺野から始まることが多く、自然気胸(しぜんききょう)の原因になります。
9ページTOPへ▲

治療の方法

切除が基本です。感染がある場合には炎症の改善後に行います。禁煙は重要です。

9ページTOPへ▲

気管支嚢胞の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


呼吸器内科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲