肺胞微石症 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

肺胞微石症

どんな病気か

肺胞内にリン酸カルシウムが沈着してくる病気です。日本ではこれまで100例ほどの報告があります(図38)。
9ページTOPへ▲

原因は何か

原因は不明ですが、約半数の症例が家族内発症であり、この場合には常染色体劣性(じょうせんしょくたいれっせい)遺伝と推定されています。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

進行は遅く無症状です。進行すれば呼吸不全になります。
9ページTOPへ▲

検査と診断・治療

胸部X線像で吹雪様の典型的な所見があるので、診断は容易です。

有効な治療法は、肺移植以外にはありません。

9ページTOPへ▲

肺胞微石症の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


内科
呼吸器内科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲