動脈塞栓症(急性動脈閉塞) - メディカルiタウン

メディカルiタウン

動脈塞栓症(急性動脈閉塞)

どんな病気か

動脈が急性に詰まってしまう病気を急性動脈閉塞と呼びます。

突然手足に痛みが生じて、手足の先が冷たくなってしびれがある場合には、手足へ行く動脈が詰まった可能性があります。首や脳へ行く血管が詰まると脳梗塞(のうこうそく)になり、意識障害や手足の麻痺(まひ)が起こる危険性もあります。
9ページTOPへ▲

原因は何か

急性動脈閉塞の主な原因は、心臓内にできた血の塊(血栓)が大動脈内に流入し、先の細い血管内に詰まることにより起こります。血流に血栓などの塊が乗って、先の血管に詰まる状態を塞栓症といいます。

心臓内に血栓ができる原因は、心房細動(しんぼうさいどう)などの不整脈によるものが多いとされています。心房細動がある人は、血栓予防のために、ワルファリンなどの血液を固まりにくくする薬剤の服用がすすめられます。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

突然に手足が冷たくなり、痛みが生じて、脈が触れなくなった場合は、急性動脈閉塞の可能性があるので、心臓血管専門医の診察を受けてください。血栓を除去して回復できる可能性があります。

9ページTOPへ▲

動脈塞栓症(急性動脈閉塞)の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


心臓血管外科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲