妊娠中の健診 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

妊娠中の健診

妊娠中の健康管理は、母体、胎児の双方が妊娠期間を正常に過ごすことを目標にします。そのため、日本では妊婦定期健診が行われています。健診は、胎児の心拍が確認され、分娩予定日が確定したあとの、妊娠12週ころから開始されます。

健診の間隔は妊娠23週までは4週間に1回、24~35週までは2週間に1回、36週以後は毎週行われるのが一般的です。施設や妊婦の状況によって、間隔がもっと短くなることもあります。

健診のたびに行われるチェック項目は、母体に関しては、体重、血圧、尿蛋白、尿糖、浮腫、子宮底長(恥骨結合上縁(ちこつけつごうじょうえん)から子宮の最上部まで、体の中心線上を皮膚に沿って測定した長さ)、腹囲となっています。また胎児に関しては、触診で胎位(たいい)(頭位(とうい)か骨盤位(こつばんい)か横位(おうい)か)、胎向(たいこう)(右向きか左向きか)、心拍の有無と数を診ます。

なお、日本では、母子保健法に基づいて妊娠を市区町村に届けると、母子健康手帳が交付されます。母子健康手帳は、妊娠中の母子の状態や出生後の子どもが6歳になるまでの健康状態を記録するものですが、同時に保健指導が記載されています。また、母子健康手帳が発行される際、妊婦健診費用を補助する券が発行され、契約診療機関で使用できます。

9ページTOPへ▲

妊娠中の健診の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


産科
産婦人科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲