処女膜裂傷 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

処女膜裂傷

どんな損傷か

腟の入り口にある処女膜に生じる裂傷で、性交や分娩により起こります。
9ページTOPへ▲

原因は何か

処女膜は性交渉の経験の無い女性ではこのヒダが腟口の一部を塞いでいますが、性交や分娩などの過進展により裂傷や破綻します。とくに暴力的な性行為後などに認められ、裂傷が処女膜だけでなく、会陰や腟壁まで及ぶことがあります。
9ページTOPへ▲

検査と診断

左右の小陰唇に囲まれた腟口の入り口にある薄いヒダである処女膜に裂傷を認めます。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

処女膜は性交時に破綻しますが、その際に出血や痛みを生じることがあります。多くは一時的なものでほとんど処置を必要とすることはありませんが、まれに損傷の程度が大きい裂傷となることがあります。
9ページTOPへ▲

治療の方法

出血が多い場合や痛みの強い場合は、縫合などの処置を必要とすることがあります。

9ページTOPへ▲

処女膜裂傷の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


婦人科
産婦人科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲