乳腺葉状腫瘍 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

乳腺葉状腫瘍

どんな病気か

急速に増大することが特徴の乳腺腫瘍です。発症年齢は30代~50歳にかけてが多いといわれています。わずか数カ月で10㎝以上になることもめずらしくありません。
9ページTOPへ▲

原因は何か

葉状腫瘍は、近年の研究により腫瘍であることが明らかにされました。線維腺腫(せんいせんしゅ)をもとに腫瘍化するという仮説もありますが、明らかな根拠があるわけではありません。乳がんは乳腺の腺管上皮から発生しますが、葉状腫瘍は腺組織を囲む間質(かんしつ)細胞が腫瘍化したものであり、生物学的には血液や骨などの腫瘍に近い性質のものです。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

急速に増大する乳腺腫瘤(しゅりゅう)が現れます。線維腺腫や発育速度の速い乳がんとの区別は臨床的には困難です。年齢、巨大な乳房腫瘤があるのにリンパ節転移がなかったりと、乳がんとは異なる特徴がありますが、それだけでは確実な診断をすることはできません。
9ページTOPへ▲

検査と診断

乳がんと区別するために乳房X線撮影、超音波検査、細胞診検査を行います。針生検を行えばさらに正確な診断が可能です。超音波検査で分葉状構造があれば、葉状腫瘍が疑われます。確実な診断をするには、細胞診や針生検が不可欠です。葉状腫瘍は病理学的には良性、中間型、悪性と分類されていますが、臨床上悪性の経過(肺、骨、肝臓などに転移する)と一致しないことが多い疾患です。
9ページTOPへ▲

治療の方法

葉状腫瘍では切除が原則です。腫瘤切除が基本であり、乳房切断を必要とする症例は多くありません。再発しやすい腫瘍なので取り残しがないように切除します。切除直後はかなり乳房の変形が著しいのですが、圧排されていた乳腺が次第にもとどおりになることが多く、人工乳腺などで形成を要することは少ないようです。良性、悪性いずれと診断された場合でも、経過観察を行います。葉状腫瘍に明らかに有効とされる薬は、現在ありません。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

乳腺の専門医の診察を受けてください。診断、治療方針については担当医によってかなりばらつきが目立つので、他の医師のセカンド・オピニオンも活用し、納得のいく治療を受けるべきです。
9ページTOPへ▲

関連項目

乳腺線維腺腫乳がん

9ページTOPへ▲

乳腺葉状腫瘍の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


外科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲