寝たきり - メディカルiタウン

メディカルiタウン

寝たきり

さまざまな原因が考えられる

寝たきりになった人が受診された時は、まず経過を聞きます。急に寝たきりになったか、数週間で徐々に寝たきりになったかが問題となります。

(1)急に寝たきりになった場合

急に寝たきりになった場合は、意識がはっきりしているかどうかで、病気の程度がわかります。意識がはっきりしていない時には、すぐ病院を受診してください。脳卒中などの病気が考えられます。

意識がはっきりしている時には、動くと痛がるかどうかを調べます。背中が痛くて動けない時は、背骨が一部つぶれている可能性があります。1~2週間で良くなりますが、病院で痛み止めの薬(エルシトニン)を注射すると、痛みは数日で良くなります。

心臓が悪くなっても動けなくなります。心臓が悪いと医者から言われている人が寝たきりになったら、病院で治療を受ければ具合が良くなります。

(2)徐々に寝たきりになった場合

1~2週間で寝たきりになった場合の原因としては、薬や病気が原因で食事が食べられなくなり、衰弱したり脱水状態になっていることが考えられます。この場合も、原因を調べて治療すれば良くなる可能性があるので、ぜひ病院を受診してください。受診の際は、最近のんでいる薬を持参してください。漢方薬や市販薬でも、体に合わないと衰弱の原因になります。

脳卒中(のうそっちゅう)の後や認知症が進んだ場合には、数週間で徐々に寝たきりになる場合があります。この場合、パーキンソン病であったり、うつであったならば、早い段階ならば薬によって良くなる可能性があります。まず、病院で相談してください。
9ページTOPへ▲

注意する点

寝たきりになると数日で背中などに床ずれ褥瘡(じょくそう))ができます。3~4時間ごとに体の向きを変えれば、床ずれは予防できるので、数時間おきに体の向きを変えるようにしてください。

9ページTOPへ▲

寝たきりの初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲