猫ひっかき病<子どもの病気> - メディカルiタウン

メディカルiタウン

猫ひっかき病<子どもの病気>

どんな病気か

ネコにひっかかれた後にリンパ節がはれるため、このような名前がついています。しかし、イヌにひっかかれて発症した例や、原因が不明な場合もあります。
9ページTOPへ▲

原因は何か

ネコなどがもっているバルトネラ菌という細菌の感染によります。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

典型例では、ネコにひっかかれた1~2週後に、主に首のリンパ節がはれてきます。また、多くの例では熱も出ます。合併症はほとんどありませんが、まれに脳症や眼の炎症を起こすことがあります。
9ページTOPへ▲

検査と診断

バルトネラ菌を培養することは難しく、症状およびネコとの接触歴からこの病気を考えます。
9ページTOPへ▲

治療の方法

バルトネラ菌に対して効果のある抗生剤を使います。自然に治ることも多いのですが、その場合、リンパ節のはれがひくのに数カ月もかかります。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

ネコにひっかかれた後に首のリンパ節がはれてきた場合はほぼ間違いないのですが、実際はネコとの接触歴が不明な例もあります。したがって、首のリンパ節のはれがなかなか治らない場合はこの病気にかかっている可能性もあるため、医療機関に相談してください。

9ページTOPへ▲

猫ひっかき病<子どもの病気>の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


小児科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲