肘内障 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

肘内障

どんな病気か

日常の場面で幼小児が突然肘を痛がって曲げなくなり、時に上肢全体を麻痺があるかのようにまったく動かさなくなります。反復して起こしやすいので注意が必要ですが、いずれ成長とともに生じなくなります。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

(1)発病の経緯

親などが子どもの手を不意に引っ張った時に生じます。橈骨頭(とうこつとう)のごくわずかの亜脱臼が一時的に起こった状態と考えられています。

(2)年齢・性別・左右差

幼児・小児期にみられ、とくに2~6歳に多い病気です。性差・左右差はありません。

(3)症状

患肢(かんし)をだらんと垂らしたまま曲げようとしない、患肢に触れようとすると嫌がり泣き出すといった症状があります。関節腫脹(しゅちょう)、熱感、発赤(ほっせき)などの他覚所見はみられません。
9ページTOPへ▲

検査と診断

子どもは疼痛のために恐怖心をもっているので、痛がらない部分から触れ始め、肘が痛い場所なのかどうかを調べます。肘内症は単純X線写真上では変化を認めません。X線検査は本当の脱臼や骨折を区別するのに有用です。
9ページTOPへ▲

治療の方法

肘を直角に曲げて手のひらを上に向けた状態から、橈骨頭を押し込むようにしながら、ゆっくりと前腕を内側にひねるように回すことで弾発音(コキッという小さな音)とともに整復されます。整復後の固定は不要です。整復が成功すると、患児は肘を曲げて上肢を使うようになります。

9ページTOPへ▲

肘内障の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


小児科
整形外科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲