先天性内反足<子どもの病気> - メディカルiタウン

メディカルiタウン

先天性内反足<子どもの病気>

どんな病気か

片足または両足が出生時、すでに固く内反した(内側に反った)状態で、内転、尖足(せんそく)の変形も加わっています(図28)。他の病気(神経筋疾患や骨系統疾患など)に伴う内反足は、通常、除外されます。先天性内反足は出生1000~2000人に1人の頻度でみられます。
9ページTOPへ▲

原因は何か

原因として多くの遺伝的因子が関与していると推定されますが、骨、筋、靭帯(じんたい)、関節のどこに本質的異常があるのかはわかっていません。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

美容上の問題のみでなく、放置すると跛行(はこう)(片足が正常に動かず、引きずるように歩くこと)、疼痛、骨折など機能上の障害を生じます。
9ページTOPへ▲

検査と診断

まず足を矯正(きょうせい)位にしてX線撮影を行い、足の骨の位置関係を調べます。
9ページTOPへ▲

検査と診断

出生後できるだけ早く治療を開始します。初期治療として、多くの場合、矯正ギプスが用いられます。この場合、整形外科専門医が手で骨の配列を矯正し、この矯正位を保つよう、膝上から足先までギプスを巻きます。乳児期から幼児期にかけての治療は重症度により異なり、症例によって装具療法(デニス・ブラウン装具など)や手術(種々の軟部組織開離術)が使い分けられます。手による矯正のみで手術なしに治癒する症例は15%ほどといわれます。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

小児の整形外科専門医の診察を受けます。

9ページTOPへ▲

先天性内反足<子どもの病気>の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


小児科
整形外科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲