ビタミン障害 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ビタミン障害

どんな病気か

ビタミンは、体の代謝を調節して体調を維持するために必要な栄養素です。ビタミンのほとんどは体内で作られないため、食事からとらなくてはなりません。

レトルト食品、ファーストフード、頻繁な外食など食生活が変化していること、朝食をとらない、偏食など不適切な食生活によりビタミン欠乏が起こりやすくなっています。

また、ビタミン欠乏を補おうと、サプリメントなどからビタミンを摂取することで、逆にある種のビタミンが過剰摂取になることもあります。

欠乏症を起こしやすいビタミンはA、B1B2、ナイアシン、C、Dです。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

・ビタミンA欠乏‐夜盲症(やもうしょう)、目の乾き、皮膚のかさつき

・ビタミンB1欠乏‐脚気(かっけ)、食欲不振、疲れやすい

・ビタミンB2欠乏‐口内炎、口唇・口角が荒れやすい

・ナイアシン欠乏‐口内炎、皮膚のかさつき

・ビタミンC欠乏‐皮下出血しやすい

・ビタミンD欠乏‐くる病、骨変形
9ページTOPへ▲

治療の方法

ビタミンを多く含む食品は以下のとおりです。

・ビタミンA‐ニンジン、レバー、マーガリン

・ビタミンB1‐玄米、豚肉、ゴマ

・ビタミンB2‐レバー、ノリ、シイタケ

・ナイアシン‐青身魚、レバー

・ビタミンC‐ブロッコリー、イチゴ、キウイ

・ビタミンD‐マグロ、イワシ

レトルト食品やファーストフードに頼らず、3食きちんとバランスのよい食事をとることが大切です。これが守られれば、とくに食品に神経質にならなくてもビタミン欠乏は起こりませんし、サプリメントも必要ありません。

9ページTOPへ▲

ビタミン障害の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


小児科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲