アフタ性口内炎 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

アフタ性口内炎

どんな病気か

単純ヘルペスウイルスの初感染により、口内炎が多発する病気です。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

口腔粘膜から歯肉にかけて口内炎が多発します。歯肉がはれて出血しやすくなります。強い口内の痛みのため飲み込むことができず、よだれが多くなります。通常、7~10日間で自然に治りますが、その間に食事、水分摂取ができなくなり、乳幼児では脱水になることもあります。
9ページTOPへ▲

検査と診断

視診で診断します。血液検査でヘルペスウイルスに対する抗体測定を行い、確認します。
9ページTOPへ▲

治療の方法

基本的には、水分をこまめにとり、刺激の少ない食べやすい物をとって自然に治るのを待ちます。食事量が減っても数日であれば大丈夫です。口の痛みが強く、ほとんど水分がとれず脱水になった場合は、輸液を行います。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

高熱が出て、ほとんど水分がとれずに尿量がいつもより少ない場合は、医療機関を受診してください。

9ページTOPへ▲

アフタ性口内炎の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


小児科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲