心内膜線維弾性症 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

心内膜線維弾性症

どんな病気か

心内膜とは、心臓の内腔をおおっている膜のことで、この心内膜が厚くなって心臓内腔が拡大し、収縮能が著しく低下する病気です。極めてまれな病気で、原因ははっきりわかっていません。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

新生児や乳児期に、多汗、多呼吸、哺乳不良、体重増加不良などの心不全症状が現れます。咳(せき)、喘鳴(ぜんめい)(ゼイゼイという音)などを伴うこともあります。
9ページTOPへ▲

検査と診断

心電図の変化のほか、胸部X線検査では心拡大や肺うっ血がみられ、心エコーでは心内膜の肥厚、左心室の拡大と収縮低下のほか、僧帽弁(そうぼうべん)閉鎖不全による血液の逆流がみられます。
9ページTOPへ▲

治療の方法

心不全に対する薬物療法が中心になりますが、予後は不良で、多くは生後1年以内に死亡します。

9ページTOPへ▲

心内膜線維弾性症の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


小児科
循環器内科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲