未熟児網膜症<子どもの病気> - メディカルiタウン

メディカルiタウン

未熟児網膜症<子どもの病気>

どんな病気か

未熟児網膜症(ROP)は発達中の未熟な網膜血管に起こる血管増殖性病変で、重症例では網膜剥離(もうまくはくり)となり重度の視力障害を生じます。
9ページTOPへ▲

原因は何か

網膜血管および網膜組織の代謝系が未熟であることを基盤とし、不適切な酸素投与、過剰な水分、感染、脳室内出血、栄養障害などのさまざまな因子が関係しているといわれています。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

未熟な状態で出生した子どもの網膜周辺部は血管の発育が悪く、出生したあとに血管が伸びていきます。厚生省研究班による新臨床経過分類(表2)によると、最も多いⅠ型のROPの進行は反応性の血管造成(1期)後、それらと無血管域の間に境界線が形成され(2期)、さらに高度になると硝子体(しょうしたい)内部への血管造成や出血が起こります(3期)。

この時点で自然によくなっていく場合が多いのですが、重症例では部分的網膜剥離(4期)、全剥離(5期)となります。また、急速に進行し網膜剥離となる症例(Ⅱ型)もあります。

なお、新臨床経過分類と国際分類はstageの分類の仕方が異なっているため、注意が必要です。
9ページTOPへ▲

検査と診断

診断は前述の新臨床経過分類に従い、眼科医により行われます。出生体重1800g以下、在胎週数34週以下の症例では、生後3週以降から定期的に眼底検査を行う必要があります。ROPが発症した場合には診察の間隔を短くし、注意深い観察が必要です。また、高濃度酸素療法や人工換気療法を行った子どもでは、退院前に眼の診察を受けることがすすめられます。
9ページTOPへ▲

治療の方法

Ⅰ型は自然に治る傾向が強いものの、3期の中期でさらに進行が予想される場合には治療が必要となります。Ⅱ型ではただちに治療を開始します。

治療はアルゴンレーザーによる光凝固術(ひかりぎょうこじゅつ)が主体ですが、病態によっては冷凍凝固術も行われ、一部の重症例では強膜バックリング術、あるいは硝子体手術も行われます。また、適切な呼吸管理(適切な酸素投与、低二酸化炭素血症の予防)や、水分制限、貧血の予防などの全身管理も重要です。

ROPの発症率は報告によって差がありますが、超低出生体重児(出生体重1000g未満)では発症率80%前後、治療率40%前後といわれています。在胎週数が早いほど、出生体重が軽いほど、ROPを合併する可能性が高くなります。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

眼科医、新生児科医による診療と全身管理が必要です。

9ページTOPへ▲

未熟児網膜症<子どもの病気>の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


小児科
眼科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲