ページ内を移動するためのリンクです

甘草配合製剤服用に関する大切な注意 お薬検索[薬事典]- メディカルiタウン


  1. 甘草配合製剤服用に関する大切な注意
文字の大きさ
標準

ここから本文です

お薬検索[薬事典]

甘草配合製剤服用に関する大切な注意

(1)禁忌(次の患者は服用してはいけません。症状が悪化するおそれがあります)

(a)アルドステロン症の患者、(b)ミオパシーのある患者、(c)低カリウム血症のある患者

(2)重大な副作用

(a)体液の貯留、むくみ、体重増加、血圧上昇などの偽アルドステロン症がおこることがあります。(b)脱力感、手足のけいれんや麻痺などを初発症状とするミオパシーがおこることがあります(低カリウム血症の結果)。

(3)他の薬剤併用時の注意

甘草と、フロセミド、あるいはチアジド系利尿降圧薬などとを併用すると、血清カリウム値が低下することがあるので、複数の医療機関で薬をもらったり、漢方薬と医療用利尿降圧薬の両方の処方を受けるときは、処方医に十分相談してください。

[処方薬]は、株式会社 法研から当社が許諾を得て使用している「医者からもらった薬がわかる本 第30版(2017年8月改訂デジタル専用版)」の情報です。掲載情報の著作権は、すべて株式会社 法研に帰属します。

データ更新日:2017/08/09

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります