ページ内を移動するためのリンクです

セルセプト懸濁用散 (ミコフェノール酸モフェチル) 中外 [処方薬]の解説、注意、副作用 お薬検索[薬事典]- メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

お薬検索

せるせぷとけんだくようさん

セルセプト懸濁用散

処方薬

処方薬情報の見方

種別

内服薬

大分類/中分類

その他の薬/免疫抑制薬

解説タイトル

ミコフェノール酸モフェチル

一般名解説

ミコフェノール酸モフェチル
この薬の先発薬・後発薬を全て見る

剤形/保険薬価解説

散剤 / 200mg 1mL 214.30円

製薬会社解説

中外

先発/ジェネリック解説

先発品

分類解説

免疫抑制薬

規制解説

劇薬

使用量と回数解説

処方医の指示通りに服用。

識別コード解説

その他解説

保険収載年:1999/11

「識別コード」は、薬の包装材や本体に数字・記号で記載されています。

※以下は同じ解説タイトルで共通の解説です。[]内は一般名で、それぞれに該当する内容が書かれています。

処方目的解説

腎移植後の難治性拒絶反応の治療(他の治療薬が無効または副作用などのため投与できず,難治性拒絶反応と診断された場合)/心移植・肝移植・腎移植・膵移植・肺移植における拒絶反応の抑制/ループス腎炎

解説解説

本剤は,米国で合成されたミコフェノール酸誘導体であり,消化管粘膜,肝臓,血液で加水分解されてミコフェノール酸となり活性を示します。ミコフェノール酸は,ペニシリウム属の発酵生成物の一つであり,抗腫瘍作用,抗乾癬作用などについて研究されていましたが,その後,強い免疫抑制作用があることが明らかとなり,1999年7月にオーファンドラッグ(希少疾病用薬)に指定されました。
なお,本剤をループス腎炎に用いるときは,本剤の服用開始時には原則として副腎皮質ステロイド薬を併用します。

使用上の注意

警告解説

(1)本剤はヒトにおいて催奇形性が報告されているので,妊娠する可能性のある女性が服用する際は,服用開始前に妊娠検査を行い,陰性であることを確認したうえで服用を開始すること。また,服用前から服用中止後6週間は,信頼できる確実な避妊法の実施を徹底するとともに,問診,妊娠検査を行うなどにより,妊娠していないことを定期的に確認することが必要です。
(2)臓器移植における本剤の服用は,免疫抑制療法および移植患者の管理に精通している医師の指導のもとで行わなければなりません。
(3)ループス腎炎における本剤の服用は,ループス腎炎の治療に十分精通している医師のもとで行わなければなりません。

基本的注意解説

*ミコフェノール酸モフェチル(セルセプト)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……重い消化器系疾患/重度の慢性腎不全/腎移植後の臓器機能再開が遅れている人[懸濁用散のみ]フェニルケトン尿症/遺伝性フルクトース不耐症
(3)皮膚がん……免疫抑制薬の治療を受けた人では,本剤の服用で悪性リンパ腫および悪性腫瘍(特に皮膚がんなど)の発生率が高くなるとの報告があります。服用中は,帽子などの衣類や日焼けどめ効果の高いサンスクリーンを使用して,日光やUV光線の照射を避けてください。
(4)避妊……本剤は催奇形性が報告されているので,服用開始前に妊娠検査が陰性であることを確認し,服用前・服用中・服用中止後6週間は避妊してください。
(5)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

重大な副作用解説

(1)感染症(サイトメガロウイルス・アスペルギルス・カンジダ・ムコール・黄色ブドウ球菌などの日和見(ひよりみ)感染,肺炎,敗血症,帯状疱疹,気管支炎,肺炎,髄膜炎,食道炎,腸炎など)。(2)汎血球減少,好中球減少,無顆粒球症,白血球減少,血小板減少,貧血,赤芽球癆(ろう)。(3)悪性リンパ腫,リンパ増殖性疾患,悪性腫瘍(特に皮膚)。(4)消化管の潰瘍・出血・穿孔(せんこう),腸閉塞。(5)アシドーシス,低酸素症,糖尿病,脱水症。(6)脳梗塞,網膜静脈血栓症,動脈血栓症。(7)腎不全,腎尿細管壊死,水腎症,腎機能障害。(8)心不全,狭心症,心停止,不整脈(期外収縮,心房細動,上室性・心室性頻脈など),肺高血圧症,心のう液貯留。(9)肝機能障害,黄疸。(10)肺水腫,無呼吸,気胸。(11)けいれん,錯乱,幻覚,精神病。(12)アレルギー反応,難聴。(13)ひどい下痢。(14)進行性多巣性白質脳症(意識障害,認知障害,麻痺症状(片麻痺,四肢麻痺),言語障害など)。(15)BKウイルス腎症。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他の副作用解説

(1)すぐに処方医に連絡する副作用……斑状出血,点状出血/腸絨毛萎縮,直腸障害,鼓腸,歯肉炎,歯肉肥厚,口渇,口内乾燥,下痢,腹痛,嘔吐,吐きけ,食欲不振,腸炎,腹部膨満,胃炎,口内炎,便秘,膵炎,メレナ,消化不良,嚥下障害/筋緊張亢進,異常感覚,傾眠,発声障害,激越,情動障害,思考異常,頭痛,しびれ(四肢・舌など),めまい,うつ,ふるえ,不眠,失神,ニューロパシー,不安,せん妄/頻尿,遺尿,尿失禁,排尿困難,尿路感染,出血性膀胱炎,血尿,尿閉/痛風/真菌性皮膚炎,皮膚肥厚,かゆみ,発汗,男性型多毛症,脱毛,発疹,蜂巣炎,ざ瘡(にきび),小水疱性皮疹,皮膚潰瘍/呼吸困難,喀痰増加,過換気,無気肺,鼻出血,喀血,しゃっくり,鼻咽頭炎,副鼻腔炎,せき増加,胸水,ぜんそく/下腿痙直(けいちょく),骨粗鬆症,関節痛,筋力低下,筋痛/血管拡張,徐脈,静脈圧増加,血管けいれん,頻脈/結膜炎,視覚障害,弱視,眼出血,白内障/耳痛,耳鳴り/副甲状腺障害,クッシング症候群,甲状腺機能低下/顔面浮腫,腹水,のう腫(リンパのう腫,陰のう水腫を含む),体重増加,インフルエンザ様症状,疼痛,骨盤痛,頸部痛,インポテンス,蒼白,発熱,倦怠感,むくみ,胸痛,体重減少,ヘルニア,悪寒,出血,無力症
(2)検査などでわかる副作用……赤血球増加症,プロトロンビン時間延長,トロンボプラスチン時間延長,ヘマトクリット値減少,ヘモグロビン減少,赤血球減少,好中球増加,白血球増加,網赤血球増加・減少,低色素性貧血/アミラーゼ上昇/AST・ALT・γ-GTP・LDH・AL-P・ビリルビン・LAPの上昇/BUN上昇,タンパク尿,クレアチニン上昇/循環血液量増加・減少,高カルシウム血症,低血糖,アルカローシス,高尿酸血症,マグネシウム上昇,トリグリセリド上昇,高脂血症,コレステロール上昇,コリンエステラーゼ低下,血清総タンパク減少,AG比異常,血清アルブミン低下,血糖値上昇,カリウム上昇・低下,無機リン・クロール・ナトリウムの低下,低カルシウム血症,高リン酸血症,低マグネシウム血症/起立性低血圧,低血圧,高血圧/免疫グロブリン減少,サイトメガロウイルス抗体増加,CRP上昇,免疫グロブリン増加

併用してはいけない薬解説

生ワクチン(乾燥弱毒生麻疹ワクチン,乾燥弱毒生風疹ワクチン,経口生ポリオワクチンなど)→免疫抑制作用により発症の可能性が増加します。

注意して併用すべき薬

(1)併用すると骨髄機能抑制がおこるおそれがある薬剤……アザチオプリン(アザチオプリン),ミゾリビン(ミゾリビン
(2)併用すると本剤の作用が弱まるおそれがある薬剤……コレスチラミン(コレスチラミン),コレスチミド(コレスチラミン),セベラマー塩酸塩(高リン血症治療薬(2)),リファンピシン(リファンピシン),マグネシウムおよびアルミニウム含有制酸剤(制酸剤),シクロスポリン(シクロスポリン),塩酸シプロフロキサシン(ニューキノロン剤),アモキシシリン水和物・クラブラン酸カリウム配合剤(広域感性ペニシリン),ランソプラゾール(プロトンポンプ阻害薬
(3)併用すると相互の血中濃度が上昇し副作用が現れるおそれがある薬剤……アシクロビル(抗ヘルペスウイルス薬(1)),バラシクロビル塩酸塩(抗ヘルペスウイルス薬(1)),ガンシクロビル,バルガンシクロビル塩酸塩(サイトメガロウイルス感染症治療薬
(4)本剤との併用で効果が弱まるおそれがあるワクチン……不活化ワクチン(インフルエンザHAワクチンなど)

海外評価解説

  • 5.5点
  • 英
  • 米
  • 独
  • 仏

プレグナンシー・カテゴリー解説

  • PC
  • C

[ご利用上の注意]
薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、又は製薬会社の説明書にしたがって下さい。また、自分が疑っていた副作用が本書に記載してあるからといって、自己判断で服用をやめたりしないでください。疑問な点があれば、すぐに医師、薬剤師に相談して下さい。本サイトに掲載後に承認された新薬もありますので、不明な薬については、医師、薬剤師にお問い合わせ下さい。

[処方薬]は、株式会社 法研から当社が許諾を得て使用している「医者からもらった薬がわかる本 第32版(2019年7月改訂デジタル専用版)」の情報です。掲載情報の著作権は、すべて株式会社 法研に帰属します。

データ更新日:2019/09/24

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります