ページ内を移動するためのリンクです

ミニリンメルトOD (デスモプレシン酢酸塩水和物) フェリング=協和キリン [処方薬]の解説、注意、副作用 お薬検索[薬事典]- メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

お薬検索

みにりんめるとおーでぃー

ミニリンメルトOD

処方薬

処方薬情報の見方

種別

内服薬

大分類/中分類

内分泌疾患の薬/その他のホルモン剤・抗ホルモン剤

解説タイトル

夜尿症治療薬

一般名解説

デスモプレシン酢酸塩水和物
この薬の先発薬・後発薬を全て見る

剤形/保険薬価解説

錠剤 / 60μg 1錠 120.70円
錠剤 / 120μg 1錠 202.70円
錠剤 / 240μg 1錠 340.70円

製薬会社解説

フェリング=協和キリン

先発/ジェネリック解説

先発品

分類解説

抗利尿ホルモン用薬

規制解説

劇薬

使用量と回数解説

夜尿症:1日1回120~240μgを就寝前に服用。中枢性尿崩症:1回60~240μgを1日1~3回服用。

識別コード解説

120mg 包装コード:120 本体コード:
240mg 包装コード:240 本体コード:
60mg 包装コード:60 本体コード:

その他解説

保険収載年:2012/5

「識別コード」は、薬の包装材や本体に数字・記号で記載されています。

※以下は同じ解説タイトルで共通の解説です。[]内は一般名で、それぞれに該当する内容が書かれています。

処方目的解説

尿浸透圧あるいは尿比重の低下に伴う夜尿症,中枢性尿崩症

解説解説

デスモプレシン酢酸塩水和物は,脳の下垂体から分泌されて尿量を調節する抗利尿ホルモン(バソプレシン)の類似物質です。これまで外用薬(デスモプレシン酢酸塩水和物)として販売されていましたが,ミニリンメルトODは日本ではじめての内服薬(口腔内崩壊錠)で,ICCS(国際小児禁制学会)において夜尿症治療の第一選択薬に位置づけられています。

使用上の注意

警告解説

 本剤の服用によって,重い低ナトリウム血症(水中毒)によるけいれんがおこることがあるため,医師の指示を守って水分摂取の管理を行わなければなりません。

基本的注意解説

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/低ナトリウム血症/習慣性または心因性多飲症/心不全の前歴またはその疑いがあり,利尿薬による治療を要する人/抗利尿ホルモン不適合分泌症候群/中等度以上の腎機能障害(クレアチニンクリアランスが50mL/分未満)
(2)慎重に服用すべき場合……高血圧を伴う循環器疾患,高度動脈硬化症,冠動脈血栓症,狭心症/下垂体前葉不全/軽度の腎機能障害(クレアチニンクリアランスが50~80mL/分)
(3)水中毒を予防……本剤の服用中に過度に飲水すると,脳浮腫,昏睡,けいれんなどを伴う重い水中毒がおこることがあります。以下のことを守って水分の管理を行い,水中毒を予防することが大切です。(1)服用の2~3時間前(夕食後)から翌朝までの飲水は極力避けること。過度に飲水してしまった場合は本剤を服用しないこと。(2)就眠前の排尿を徹底し,指示された服用量を厳守すること。(3)他院や他科を受診する際には,本剤を服用中である旨を担当医師に報告すること。(4)水中毒を示唆する症状(倦怠感,頭痛,悪心・嘔吐など)が現れた場合には直ちに服用を中断し,速やかに処方医に連絡します。
(4)6歳以上に使用……[夜尿症のみ]本剤は原則として6歳以上の患者に使用します。6歳未満に対しては使用経験がなく,安全性は確立されていません。
(5)定期的に休薬……[夜尿症のみ]本疾患は年齢とともに自然に軽快,治癒する傾向がみられます。定期的(3カ月前後)に治療を1~2週間中止して夜尿状況を観察するなどして,漫然と服用を継続しないようにします。
(6)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用中は授乳を中止することが望ましい。
・小児での安全性:6歳未満は未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

重大な副作用解説

(1)脳浮腫,昏睡,けいれんなどを伴う重い水中毒。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他の副作用解説

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(全身のかゆみ,発疹,顔面浮腫,じん麻疹)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……浮腫/頭痛,強直性けいれん,眠け,めまい,不眠,情動障害,攻撃性,悪夢,異常行動/悪心・嘔吐,食欲不振,腹痛/顔面蒼白,のぼせ/発汗,全身倦怠感,発熱,口渇
(3)検査などでわかる副作用……低ナトリウム血症/肝機能異常

併用してはいけない薬解説

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

注意して併用すべき薬

(1)本剤との併用で低ナトリウム血症性のけいれん発作をおこすことがある薬剤……三環系抗うつ薬(三環系抗うつ薬)(イミプラミン塩酸塩など),選択的セロトニン再取り込み阻害薬(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)(フルボキサミンマレイン酸塩など),クロルプロマジン塩酸塩(フェノチアジン系薬剤),カルバマゼピン(カルバマゼピン),クロルプロパミド(糖尿病治療薬(スルフォニルウレア系))など
(2)本剤との併用で水中毒をおこす可能性がある薬剤……非ステロイド性消炎鎮痛薬(インドメタシン(インドール酢酸系NSAID)など)
(3)併用すると本剤の血中濃度が増加し,水分貯留・低ナトリウム血症のリスクを高める可能性がある薬剤……ロペラミド塩酸塩(ロペラミド

海外評価解説

  • 5.5点
  • 英
  • 米
  • 独
  • 仏

プレグナンシー・カテゴリー解説

  • PC
  • B

[ご利用上の注意]
薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、又は製薬会社の説明書にしたがって下さい。また、自分が疑っていた副作用が本書に記載してあるからといって、自己判断で服用をやめたりしないでください。疑問な点があれば、すぐに医師、薬剤師に相談して下さい。本サイトに掲載後に承認された新薬もありますので、不明な薬については、医師、薬剤師にお問い合わせ下さい。

[処方薬]は、株式会社 法研から当社が許諾を得て使用している「医者からもらった薬がわかる本 第30版(2018年2月改訂デジタル専用版)」の情報です。掲載情報の著作権は、すべて株式会社 法研に帰属します。

データ更新日:2018/02/09


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります