ページ内を移動するためのリンクです

ノルレボ (レボノルゲストレル) あすか=武田 [処方薬]の解説、注意、副作用 お薬検索[薬事典]- メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

お薬検索

のるれぼ

ノルレボ

処方薬

処方薬情報の見方

種別

内服薬

大分類/中分類

婦人科の薬/女性用ホルモン剤

解説タイトル

レボノルゲストレル

一般名解説

レボノルゲストレル
この薬の先発薬・後発薬を全て見る

剤形/保険薬価解説

錠剤 / 0.75mg 【健康保険適応外】円
錠剤 / 1.5mg 【健康保険適応外】円

製薬会社解説

あすか=武田

先発/ジェネリック解説

健康保険適応外

分類解説

緊急避妊薬

規制解説

使用量と回数解説

1.5mgを性交後72時間以内に1回。

識別コード解説

0.75mg 包装コード:NL 本体コード:NL
1.5mg 包装コード:NL 1.5 本体コード:NL 1.5

その他解説

発売年:2011/5

「識別コード」は、薬の包装材や本体に数字・記号で記載されています。

※以下は同じ解説タイトルで共通の解説です。[]内は一般名で、それぞれに該当する内容が書かれています。

処方目的解説

緊急避妊

解説解説

本剤は,合成黄体ホルモンであるノルゲストレルの左旋性光学異性体を有効成分とする避妊薬(ピル)です。ただし,通常の経口避妊薬(低用量ピル)のように計画的に妊娠を回避するためのものではなく,避妊措置に失敗したり,避妊措置を行わなかった場合に,性交後72時間以内に緊急的に服用するもので,緊急避妊薬と呼ばれています。およそ80%の妊娠を防ぐことが可能で,性交後の服用が早ければ早いほど避妊の成功率が高くなるとされています。
本剤単独かつ1回の服用で有効であり,副作用の発現も少なく,これまで世界の約50カ国で承認されています。日本では初めての緊急避妊薬ですが, WHO(世界保健機関)によって必須医薬品(エッセンシャルドラッグ)の1つに定められています。
なお,本剤を服用するときは医師の処方が必要で,健康保険は適応されません。

使用上の注意

警告解説

基本的注意解説

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重い肝機能障害/妊婦
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害/心疾患・腎疾患またはその前歴
(3)妊娠の確認……本剤は,妊娠していると服用できません。服用したいときは,内診,免疫学的妊娠診断などによって妊娠していないことを確認してもらうことが必要です。
(4)避妊……本剤を服用しても妊娠する可能性があります。服用後も適切な避妊を行ってください。
(5)月経との区別……本剤の服用後に出血があったとき,不正性器出血や妊娠初期の出血と月経とを区別できない場合があります。改めて受診して,出血の原因を調べてもらうことが必要です。
(6)消化管障害・吸収不良症候群……重い消化管障害または消化管の吸収不良症候群がある場合には,本剤が十分に吸収されずに有効性が期待できないおそれがあります。
(7)セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品……本剤を服用しているときは,セイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないでください。本剤の効果が弱まるおそれがあります。
(8)授乳婦……本剤の成分は乳汁中に移行するので,服用後24時間は授乳を行わないでください。

重大な副作用解説

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他の副作用解説

(1)おこることがある副作用……頭痛,傾眠,浮動性めまい,体位性めまい,不安/消退出血,不正子宮出血,月経過多・遅延/悪心,下腹部痛,下痢,腹痛,嘔吐/貧血/倦怠感,異常感,口渇,発熱,疲労,末梢性浮腫,乳房圧痛

併用してはいけない薬解説

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

注意して併用すべき薬

(1)併用すると本剤の作用が弱まるおそれがある薬剤……抗けいれん薬(フェノバルビタール(バルビツール酸誘導体),フェニトイン(フェニトイン),プリミドン(プリミドン),カルバマゼピン(カルバマゼピン)),HIV感染症治療薬(リトナビル(エイズ治療薬(2))),非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(エファビレンツ(エイズ治療薬(1))),リファブチン(リファブチン),リファンピシン(リファンピシン),グリセオフルビン

海外評価解説

  • 5.5点
  • 英
  • 米
  • 独
  • 仏

プレグナンシー・カテゴリー解説

  • PC
  • X

[ご利用上の注意]
薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、又は製薬会社の説明書にしたがって下さい。また、自分が疑っていた副作用が本書に記載してあるからといって、自己判断で服用をやめたりしないでください。疑問な点があれば、すぐに医師、薬剤師に相談して下さい。本サイトに掲載後に承認された新薬もありますので、不明な薬については、医師、薬剤師にお問い合わせ下さい。

[処方薬]は、株式会社 法研から当社が許諾を得て使用している「医者からもらった薬がわかる本 第30版(2018年2月改訂デジタル専用版)」の情報です。掲載情報の著作権は、すべて株式会社 法研に帰属します。

データ更新日:2018/02/09

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります