ページ内を移動するためのリンクです

リフレックス (ミルタザピン) MeijiSeika [処方薬]の解説、注意、副作用 お薬検索[薬事典]- メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

お薬検索

りふれっくす

リフレックス

処方薬

種別

内服薬

大分類/中分類

精神神経科の薬/うつ病の薬

解説タイトル

ミルタザピン

一般名

ミルタザピン
この薬の先発薬・後発薬を全て見る

剤形/保険薬価

錠剤 / 15mg 1錠 170.80円
錠剤 / 30mg 1錠 282.00円

製薬会社

MeijiSeika

先発/ジェネリック

先発品

分類

ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬

規制

劇薬

使用量と回数

1日15~45mgを就寝前に1回服用。

識別コード

15mg 包装コード: M 28 本体コード:MS M 28
30mg 包装コード:MS M 29 30mg 本体コード:MS M 29

その他

保険収載年:2009/9

「識別コード」は、薬の包装材や本体に数字・記号で記載されています。

※以下は同じ解説タイトルで共通の解説です。[]内は一般名で、それぞれに該当する内容が書かれています。

処方目的

うつ病,うつ状態

解説

ミルタザピンは,「ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)」という新しいタイプの抗うつ薬です。
今までの三環系・四環系,あるいはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)といった抗うつ薬が,不足がちなセロトニンあるいはノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで効果を発揮していたのに対し,ミルタザピンは脳内のノルアドレナリンやセロトニンの遊離を増加させる作用と,同時に不安・うつに関係する受容体への刺激を増強する作用を示し,効果を発揮します。

使用上の注意

警告

基本的注意

*ミルタザピン(リフレックス)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン塩酸塩(セレギリン塩酸塩)など)服用中あるいは中止後2週間以内の人
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害/腎機能障害/自殺念慮または自殺企図の前歴/躁(そう)うつ病/脳の器質的障害・統合失調症の素因/衝動性が高い併存障害/てんかんなどのけいれん性疾患またはその前歴/心疾患・低血圧/QT延長またはその前歴,QT延長をおこすことが知られている薬剤の服用中,著明な徐脈や低カリウム血症などがある人/緑内障・眼内圧亢進/排尿困難/高齢者/小児
(3)海外での臨床試験・疫学調査結果……抗うつ薬の服用で,24歳以下の患者で自殺念慮・自殺企図の発現リスクが上昇すると報告されています。また,50歳以上の患者で骨折のリスクが上昇すると報告されています。
(4)7~17歳での報告……海外で実施された7~17歳の大うつ病性障害(DSM-IV精神疾患の診断・統計マニュアルにおける分類)患者を対象としたプラセボ対照の臨床試験において有効性が確認できなかったとの報告があります。
(5)セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品……一緒に摂取するとセロトニン症候群(不安,焦燥,興奮,錯乱など)が現れるおそれがあるので,本剤の服用中はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないでください。
(6)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,めまいなどがおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(7)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

重大な副作用

(1)セロトニン症候群(不安,焦燥,興奮,錯乱など)。(2)無顆粒球症,好中球減少症。(3)けいれん。(4)肝機能障害,黄疸。(5)低ナトリウム血症,低浸透圧血症,けいれん,意識障害などを伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)。(6)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),多形紅斑。(7)QT延長,心室頻拍。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他の副作用

(1)すぐに処方医に連絡する副作用……体重増加,倦怠感,異常感,むくみ,胸痛,易刺激性,末梢冷感,体重減少,疲労/眠け,めまい,頭痛,感覚鈍麻,ふるえ,不眠,構語障害,注意力障害,アカシジア,異常な夢,鎮静,錯感覚,下肢静止不能症候群,不安,軽躁,躁病,激越,錯乱,運動過多,ミオクローヌス,失神,幻覚,精神運動の不穏,嗜眠(しみん),口の錯感覚,せん妄,攻撃性/便秘,口渇,上腹部痛,下痢,悪心,胃不快感,嘔吐,腹部膨満,腹痛,口内乾燥,おくび,口の感覚鈍麻,口の中のむくみ,唾液分泌亢進/動悸,心拍数増加,立ちくらみ/しゃっくり/紅斑,多汗症,皮膚のかゆみ,発疹/視調節障害,眼瞼浮腫,視覚障害/頻尿,尿閉,排尿困難/不正子宮出血/関節痛,筋肉痛,筋力低下,背部痛,四肢不快感/過食,食欲亢進,食欲不振
(2)検査などでわかる副作用……血圧変化,血液各成分の変化/AST・ALT・γ-GTP・AL-P・LDH上昇/ビリルビン上昇/尿糖・尿タンパク陽性/コレステロール上昇/CK上昇

併用してはいけない薬

モノアミン酸化酵素阻害薬(セレギリン塩酸塩(セレギリン塩酸塩))→セロトニン症候群が現れることがあります。

注意して併用すべき薬

(1)併用すると本剤の作用が強まるおそれがある薬剤など……CYP3A4阻害薬(HIVプロテアーゼ阻害薬(エイズ治療薬(2)),エリスロマイシン(マクロライド),ケトコナゾールなど),シメチジン(ヒスタミンH2受容体拮抗薬),鎮静薬(ベンゾジアゼピン系(ベンゾジアゼピン系催眠薬)など)/アルコール
(2)併用すると本剤の作用が弱まるおそれがある薬剤……CYP3A4誘導薬(カルバマゼピン(カルバマゼピン),フェニトイン(フェニトイン),リファンピシン(リファンピシン)など),ワルファリン(ワルファリンカリウム
(3)本剤との併用でセロトニン症候群のおそれが高まる薬剤……SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬),L-トリプトファン含有製剤,トリプタン系薬剤(セロトニン1B/1D受容体作動型頭痛治療薬),トラマドール塩酸塩(がん疼痛治療薬(7)),リネゾリド(リネゾリド),メチルチオニニウム塩化物水和物(メチレンブルー静注),炭酸リチウム(躁病に用いる薬)など
(4)本剤との併用で作用が弱まるおそれがある薬剤……ワルファリンカリウム(ワルファリンカリウム

海外評価

プレグナンシー・カテゴリー


[ご利用上の注意]
薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、又は製薬会社の説明書にしたがって下さい。また、自分が疑っていた副作用が本書に記載してあるからといって、自己判断で服用をやめたりしないでください。疑問な点があれば、すぐに医師、薬剤師に相談して下さい。本サイトに掲載後に承認された新薬もありますので、不明な薬については、医師、薬剤師にお問い合わせ下さい。

[処方薬]は、株式会社 法研から当社が許諾を得て使用している「医者からもらった薬がわかる本 第30版(2017年8月改訂デジタル専用版)」の情報です。掲載情報の著作権は、すべて株式会社 法研に帰属します。

データ更新日:2017/08/09


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります