ページ内を移動するためのリンクです

ロコイド軟膏 (ヒドロコルチゾン酪酸エステル) 鳥居 [処方薬]の解説、注意、副作用 お薬検索[薬事典]- メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

お薬検索

ろこいどなんこう

ロコイド軟膏

処方薬

種別

外用薬

大分類/中分類

皮膚病の薬/湿疹・おでき類の薬

解説タイトル

副腎皮質ステロイド外用薬(ミディアム)

一般名

ヒドロコルチゾン酪酸エステル
この薬の先発薬・後発薬を全て見る

剤形/保険薬価

軟膏剤 / 0.1% 0.1g 15.00円

製薬会社

鳥居

先発/ジェネリック

先発品

分類

副腎皮質ステロイド薬

規制

使用量と回数

識別コード

0.1% 包装コード:TO-102 V 本体コード:

その他

「識別コード」は、薬の包装材や本体に数字・記号で記載されています。

※以下は同じ解説タイトルで共通の解説です。[]内は一般名で、それぞれに該当する内容が書かれています。

処方目的

[アルクロメタゾンプロピオン酸エステルの適応症]湿疹皮膚炎群(進行性指掌角皮症を含む),乾癬,痒疹群(ストロフルス,じん麻疹様苔癬,固定じん麻疹を含む),虫さされ,掌蹠(しょうせき)膿疱症,扁平苔癬,ジベルばら色粃糠疹(ひこうしん),紅斑症(多形滲出性紅斑,ダリエ遠心性環状紅斑),薬疹・中毒疹,紅皮症,特発性色素性紫斑(シャンバーグ病,マヨッキー紫斑,紫斑性色素性苔癬様皮膚炎),慢性円板状エリテマトーデス
[トリアムシノロンアセトニドの適応症]湿疹皮膚炎群(進行性指掌角皮症,女子顔面黒皮症,ビダール苔癬,放射線皮膚炎,日光皮膚炎を含む),皮膚掻痒症,痒疹群(じん麻疹様苔癬,ストロフルス,固定じん麻疹を含む),虫さされ,乾癬,掌蹠膿疱症,紅斑症(多形滲出性紅斑,結節性紅斑,ダリエ遠心性環状紅斑),紅皮症(悪性リンパ腫による紅皮症を含む),皮膚粘膜症候群(ベーチェット病を含む),薬疹・中毒疹,円形脱毛症(悪性を含む),熱傷(瘢痕,ケロイドを含む),凍瘡,天疱瘡(てんぽうそう)群,ジューリング疱疹状皮膚炎(類天疱瘡を含む),扁平苔癬,毛孔性紅色粃糠疹

解説

副腎皮質ステロイド外用薬には強い抗炎症作用があり,炎症性の皮膚疾患に幅広く使用されます。炎症を抑える力により,ストロンゲストからウィークの5段階に区分されていますが,強力なものがよいというわけではありません。病状や使用部位に合わせて選択されます。
安易に長期使用すると,皮膚局所ばかりでなく全身的な副作用の恐れもあるので,長期に使い続けるという状況は正常なものではありません。治療が長期にわたる場合は,医師とじっくり相談して納得したうえで使用してください。ウィークからストロングの3段階の薬品は,OTC薬(大衆薬)としても市販されています。
この項では,以下の(4)を掲載しています。
(1)作用が最も強力(strongest)/(2)作用がかなり強力(very strong)/(3)作用が強力(strong)/(4)作用が中程度(medium)/(5)作用が弱い(weak)

使用上の注意

警告

基本的注意

*アルクロメタゾンプロピオン酸エステル(アルメタ),トリアムシノロンアセトニド(レダコート)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/鼓膜に穿孔(せんこう)のある湿疹性外耳道炎/潰瘍(ベーチェット病は除く),第2度深在性以上の熱傷・凍傷
[アルクロメタゾンプロピオン酸エステル]細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症,動物性皮膚疾患(疥癬,けじらみなど)
[トリアムシノロンアセトニド]皮膚結核,単純疱疹,水痘,帯状疱疹,種痘疹
(2)その他……
・妊婦での安全性:大量または長期にわたって使用しない。(「薬の知識」共通事項のみかた

重大な副作用

[アルメタ,キンダベート,レダコート,ロコイド,ネオメドロールEE軟膏,リドメックス](1)(まぶたの皮膚への使用により)眼圧亢進,緑内障,白内障など。(2)(大量または長期にわたる広範囲の使用,密封法(ODT)により)後のう白内障,緑内障など。
[ネオメドロールEE軟膏のみ](3)非可逆性の難聴。(4)角膜ヘルペス,角膜真菌症,緑膿菌感染症など。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他の副作用

併用してはいけない薬

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

注意して併用すべき薬

海外評価

プレグナンシー・カテゴリー


[ご利用上の注意]
薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、又は製薬会社の説明書にしたがって下さい。また、自分が疑っていた副作用が本書に記載してあるからといって、自己判断で服用をやめたりしないでください。疑問な点があれば、すぐに医師、薬剤師に相談して下さい。本サイトに掲載後に承認された新薬もありますので、不明な薬については、医師、薬剤師にお問い合わせ下さい。

[処方薬]は、株式会社 法研から当社が許諾を得て使用している「医者からもらった薬がわかる本 第30版(2017年8月改訂デジタル専用版)」の情報です。掲載情報の著作権は、すべて株式会社 法研に帰属します。

データ更新日:2017/08/09


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります