ページ内を移動するためのリンクです

エムトリバ (エムトリシタビン) 日本たばこ=鳥居 [処方薬]の解説、注意、副作用 お薬検索[薬事典]- メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

お薬検索

えむとりば

エムトリバ

処方薬

種別

内服薬

大分類/中分類

その他の薬/抗ウイルス薬

解説タイトル

エイズ治療薬(1)

一般名

エムトリシタビン
この薬の先発薬・後発薬を全て見る

剤形/保険薬価

カプセル剤 / 200mg 1カプセル 1,664.30円

製薬会社

日本たばこ=鳥居

先発/ジェネリック

先発品

分類

エイズ治療薬

規制

劇薬

使用量と回数

(他のエイズ治療薬と併用しながら)1日1回200mg。

識別コード

200mg 包装コード: 本体コード: GILEAD/200mg

その他

保険収載年:2005/4

「識別コード」は、薬の包装材や本体に数字・記号で記載されています。

※以下は同じ解説タイトルで共通の解説です。[]内は一般名で、それぞれに該当する内容が書かれています。

処方目的

HIV感染症(HIV-1感染症)

解説

エイズ(後天性免疫不全症候群)を引きおこすHIVウイルス(ヒト免疫不全ウイルス)には,HIV-1ウイルスとHIV-2ウイルスがあります。世界的に広まっているのはHIV-1で,日本でもほとんどがこのウイルスによるものです。
エイズ治療薬にはいくつかのタイプがありますが,この項では逆転写酵素阻害薬(ヌクレオシド系,非ヌクレオシド系)と呼ばれるタイプをまとめています。HIVウイルスの遺伝子RNAをDNAに逆転写する酵素の働きを阻害してウイルスの増殖を抑えます。
これらの薬剤は,ジダノシンを除いて「必ず他の抗HIV薬と併用」して使用します。ジダノシンも「他の抗HIV薬との併用を考慮すること」となっています。ただし,ジドブジン・ラミブジン配合剤などの配合剤の場合は,配合されている薬剤をさらに加えて併用することはできません。

使用上の注意

警告

 本剤は,以下に示すさまざまな重い症状をおこしやすいので,医師の説明を十分に聞き,納得したのち服用しなければなりません。服用中に異常がみられたら,直ちに医師に連絡してください。
[ジドブジン]骨髄機能抑制がおこることがあります。
[ジダノシン]膵炎がおこることがあります。
[ラミブジン](1)膵炎の前歴のある小児,膵炎を発症させることが知られている薬剤との併用療法を受けている小児は,膵炎を発症する可能性が高くなります。(2)B型慢性肝炎を合併している人は,本剤の服用中止により肝炎が再燃するおそれがあります。
[サニルブジン](1)乳酸アシドーシス(全身倦怠感,悪心,嘔吐,腹痛,急激な体重減少,頻呼吸,呼吸困難など),ギランバレー症候群に類似した症状(四肢の脱力感,腱反射消失,歩行困難,呼吸困難など)が現れることがあります。(2)四肢のしびれ・刺痛感・疼痛などを伴う末梢神経障害が現れることがあります。
[アバカビル硫酸塩]皮疹,発熱,胃腸症状(吐きけ,嘔吐,下痢,腹痛 など),疲労感,倦怠感,呼吸器症状(呼吸困難,咽頭痛,せきなど)を伴う過敏症が現れることがあります。
[テノホビルジソプロキシルフマル酸塩]B型慢性肝炎を合併している人は,本剤の服用中止により肝炎が再燃するおそれがあります。
[エムトリシタビン]B型慢性肝炎を合併している人は,本剤の服用中止により肝炎が再燃するおそれがあります。
[ネビラピン](1)中毒性表皮壊死融解症(TEN),皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),過敏症症候群を含めた重い皮膚障害が現れることがあります。(2)肝不全などの重い肝機能障害が現れることがあります。
[ツルバダ配合錠,コムプレラ配合錠,デシコビ配合錠]B型慢性肝炎を合併している人は,本剤の服用中止により肝炎が再燃するおそれがあります。

基本的注意

(1)処方医の指示を厳守……使い方が特別なので,処方医の指示どおりに服用し,服用中は血液検査を定期的に受けてください。また,服用している薬はすべて記録しておいて,それにもとづいて処方医とのコミュニケーションをとってください。

重大な副作用

その他の副作用

併用してはいけない薬

注意して併用すべき薬

海外評価

プレグナンシー・カテゴリー


[ご利用上の注意]
薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、又は製薬会社の説明書にしたがって下さい。また、自分が疑っていた副作用が本書に記載してあるからといって、自己判断で服用をやめたりしないでください。疑問な点があれば、すぐに医師、薬剤師に相談して下さい。本サイトに掲載後に承認された新薬もありますので、不明な薬については、医師、薬剤師にお問い合わせ下さい。

[処方薬]は、株式会社 法研から当社が許諾を得て使用している「医者からもらった薬がわかる本 第30版(2017年8月改訂デジタル専用版)」の情報です。掲載情報の著作権は、すべて株式会社 法研に帰属します。

データ更新日:2017/08/09


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります