ページ内を移動するためのリンクです

コロネル (ポリカルボフィルカルシウム) アステラス [処方薬]の解説、注意、副作用 お薬検索[薬事典]- メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

お薬検索

ころねる

コロネル

処方薬

種別

内服薬

大分類/中分類

胃腸の薬/その他の胃腸薬

解説タイトル

ポリカルボフィルカルシウム

一般名

ポリカルボフィルカルシウム
この薬の先発薬・後発薬を全て見る

剤形/保険薬価

細粒剤 / 83.3% 1g 25.80円
錠剤 / 500mg 1錠 16.50円

製薬会社

アステラス

先発/ジェネリック

先発品

分類

過敏性腸症候群治療薬

規制

使用量と回数

1日1,500~3,000mg(細粒剤は1.8~3.6g)を3回に分けて服用。

識別コード

500mg 包装コード: 254:500mg 本体コード: 254
83.3% 包装コード: 83.3% 本体コード:

その他

保険収載年:2000/8

コロネル細粒1.2g

コロネル錠500mg

「識別コード」は、薬の包装材や本体に数字・記号で記載されています。

※以下は同じ解説タイトルで共通の解説です。[]内は一般名で、それぞれに該当する内容が書かれています。

処方目的

過敏性腸症候群における便通異常(下痢便秘)・消化器症状

解説

本剤は,胃液のような強い酸性下でカルシウムが外れてポリカルボフィルとなります。これは小腸や大腸のような中性のところで高い吸水性を示して膨潤し,ゲル状となります。下痢や便秘に対しては,消化管内の水分保持作用と消化管内容物の輸送調節作用により効果を発揮します。

使用上の注意

警告

基本的注意

*ポリカルボフィルカルシウム(コロネル)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……急性腹部疾患(虫垂炎,腸出血,潰瘍性結腸炎など)/術後イレウスなど胃腸閉塞を引きおこすおそれのある人/高カルシウム血症/腎結石/腎不全(軽度および透析中を除く)がある人/本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……活性ビタミンD製剤(アルファカルシドール)の服用中/強心配糖体(ジギタリス製剤)の服用中/高カルシウム血症が現れやすい人/無酸症・低酸症が推定される人/胃全切除術の前歴/透析中の人/軽度の腎不全
(3)服用法……服用後に途中でつかえると,膨張してのどや食道を閉塞する可能性があるので,十分量(コップ1杯程度)の水とともに服用してください。
(4)長期服用……本剤の服用期間は,通常2週間です。長期服用時の安全性は確立されていないので,長期服用する場合は状態に十分注意してください。
(5)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他の副作用

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,かゆみなど)
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……吐きけ,嘔吐,口渇,腹部膨満感,下痢,便秘,腹痛,腹鳴/むくみ,頭痛
(3)検査などでわかる副作用……白血球減少/AST・ALT上昇・γ-GTP・AL-P・LDH/尿潜血陽性,尿タンパク陽性,総ビリルビン上昇

併用してはいけない薬

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

注意して併用すべき薬

(1)併用すると本剤の作用を弱める薬剤……プロトンポンプ阻害薬(オメプラゾール,ランソプラゾールなど(プロトンポンプ阻害薬)),H2受容体拮抗薬(ファモチジン,ラニチジン塩酸塩など(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)),制酸剤(水酸化アルミニウムゲル・水酸化マグネシウム配合剤など(制酸剤)),カルシウム剤(L-アスパラギン酸カルシウム水和物,乳酸カルシウム水和物など(カルシウム製剤))
(2)本剤との併用で作用が弱まる薬剤……テトラサイクリン系抗生物質(テトラサイクリン塩酸塩,ミノサイクリン塩酸塩など(テトラサイクリン系抗生物質)),ニューキノロン系抗菌薬(ノルフロキサシン,塩酸シプロフロキサシン,トスフロキサシントシル酸塩水和物(ニューキノロン剤))
(3)併用すると高カルシウム血症が現れる薬剤……活性ビタミンD製剤(アルファカルシドール,カルシトリオールなど(アルファカルシドール)),カルシウム製剤(L-アスパラギン酸カルシウム水和物,乳酸カルシウム水和物など)
(4)併用すると不整脈がおこる可能性がある薬剤……強心配糖体(ジゴキシンなど(ジギタリス製剤))

海外評価

プレグナンシー・カテゴリー


[ご利用上の注意]
薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、又は製薬会社の説明書にしたがって下さい。また、自分が疑っていた副作用が本書に記載してあるからといって、自己判断で服用をやめたりしないでください。疑問な点があれば、すぐに医師、薬剤師に相談して下さい。本サイトに掲載後に承認された新薬もありますので、不明な薬については、医師、薬剤師にお問い合わせ下さい。

[処方薬]は、株式会社 法研から当社が許諾を得て使用している「医者からもらった薬がわかる本 第30版(2017年8月改訂デジタル専用版)」の情報です。掲載情報の著作権は、すべて株式会社 法研に帰属します。

データ更新日:2017/08/09


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります