ページ内を移動するためのリンクです

アミサリン (プロカインアミド塩酸塩) 第一三共 [処方薬]の解説、注意、副作用 お薬検索[薬事典]- メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

お薬検索

あみさりん

アミサリン

処方薬

処方薬情報の見方

種別

内服薬

大分類/中分類

心臓病と不整脈の薬/不整脈の薬

解説タイトル

プロカインアミド塩酸塩

一般名解説

プロカインアミド塩酸塩
この薬の先発薬・後発薬を全て見る

剤形/保険薬価解説

錠剤 / 125mg 1錠 9.90円
錠剤 / 250mg 1錠 13.90円

製薬会社解説

第一三共

先発/ジェネリック解説

先発品

分類解説

不整脈治療薬

規制解説

使用量と回数解説

1回250~500mgを3~6時間ごとに服用。

識別コード解説

125mg 包装コード: 301 本体コード: 301
250mg 包装コード: 302 本体コード: 302

その他解説

保険収載年:1960/6

「識別コード」は、薬の包装材や本体に数字・記号で記載されています。

※以下は同じ解説タイトルで共通の解説です。[]内は一般名で、それぞれに該当する内容が書かれています。

処方目的解説

期外収縮(上室性,心室性),急性心筋梗塞における心室性不整脈の予防,新鮮心房細動,陳旧性心房細動,発作性頻拍(上室性,心室性)の治療と予防,発作性心房細動の予防,電気ショック療法との併用とその後の洞調律の維持,手術や麻酔に伴う不整脈の予防

解説解説

心臓の心房および心室の刺激伝導速度を低下させて,心筋の興奮を抑制します。特に,長期服用時の副作用に注意する必要があります。

使用上の注意

警告解説

基本的注意解説

(1)服用してはいけない場合……刺激伝導障害(房室ブロック,洞房ブロック,脚ブロックなど)/重いうっ血性心不全/重症筋無力症/モキシフロキサシン塩酸塩・バルデナフィル塩酸塩水和物・アミオダロン塩酸塩(注射薬)・トレミフェンクエン酸塩の服用・使用中/本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……うっ血性心不全/基礎心疾患(心筋梗塞,弁膜症,心筋症など)のある人/低血圧/重い肝機能障害・腎機能障害/気管支ぜんそく/血清カリウム低下の人/高齢者
(3)定期検査……服用中は,定期的に心電図,脈拍,血圧,心胸比の検査を受ける必要があります。特に,うっ血性心不全のある人,基礎心疾患(心筋梗塞,弁膜症,心筋症など)があって心不全をおこすおそれのある人,他の抗不整脈薬の併用者,高齢者は頻回に心電図の検査を受けることが必要です。
(4)アメリカ事情……SLE(全身性エリテマトーデス)様症状がおこらないキニジン硫酸塩水和物(キニジン硫酸塩水和物)の方が好まれています。
(5)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。(「薬の知識」共通事項のみかた

重大な副作用解説

(1)無顆粒球症(発熱,咽頭痛,倦怠感など)。(2)心室頻拍,心室粗動,心室細動,心不全。(3)発熱,紅斑,筋肉痛,関節炎,胸部の痛み,心膜炎などを伴うSLE(全身性エリテマトーデス)様症状。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他の副作用解説

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発熱,悪寒,発疹など)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……悪心,嘔吐,食欲不振,下痢/頭痛,不眠,幻視,幻聴/貧血
(3)検査などでわかる副作用……白血球・血小板減少,好酸球増多

併用してはいけない薬解説

モキシフロキサシン塩酸塩(ニューキノロン剤),バルデナフィル塩酸塩水和物(シルデナフィルクエン酸塩ほか),アミオダロン塩酸塩(注射薬),トレミフェンクエン酸塩(タモキシフェンクエン酸塩ほか)→心室性頻拍,QT延長をおこすおそれがあります。

注意して併用すべき薬

(1)併用すると本剤の作用を強める薬剤……アミオダロン(アミオダロン塩酸塩),シメチジン(ヒスタミンH2受容体拮抗薬
(2)併用すると相互に心機能抑制作用が強まる薬剤……ベーター遮断薬(ベーター・ブロッカー(適応症に不整脈を含むもの))(ベーター・ブロッカー(適応症が狭心症と高血圧のもの)
(3)本剤と併用すると作用が弱まる薬剤……サルファ剤
(4)併用するとQT延長,心室性頻拍がおこるおそれがある薬剤……スニチニブリンゴ酸塩(イマチニブ抵抗性がん治療薬

海外評価解説

  • 4.0点
  • 英
  • 米
  • 独
  • 仏

プレグナンシー・カテゴリー解説

  • PC
  • C

[ご利用上の注意]
薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、又は製薬会社の説明書にしたがって下さい。また、自分が疑っていた副作用が本書に記載してあるからといって、自己判断で服用をやめたりしないでください。疑問な点があれば、すぐに医師、薬剤師に相談して下さい。本サイトに掲載後に承認された新薬もありますので、不明な薬については、医師、薬剤師にお問い合わせ下さい。

[処方薬]は、株式会社 法研から当社が許諾を得て使用している「医者からもらった薬がわかる本 第30版(2018年2月改訂デジタル専用版)」の情報です。掲載情報の著作権は、すべて株式会社 法研に帰属します。

データ更新日:2018/02/09


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります