ページ内を移動するためのリンクです

ベリチーム酵素 9包 顆粒9包 1個 シオノギヘルスケア [市販薬] お薬検索[薬事典]- メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

お薬検索

消化を促し、胃もたれ 胃部・腹部膨満感に効く

ベリチーム酵素 9包

市販薬

ベリチーム酵素 9包

医薬品分類

第3類医薬品

商品区分

一般用医薬品 / 兼用

剤形/内容量

顆粒 / 9包

メーカー

希望小売価格※1/発売開始日

920円+税 / 2018/03/01

共通商品コード

4987904100134 (JANコード)

セルフメディケーション税控除


※セルフメディケーション税制とは

その他

最終更新日:2018/02/08

ベリチーム酵素 9包の効能・効果

もたれ(胃もたれ)、食べ過ぎ(過食)、消化不良、消化不良による胃部・腹部膨満感、胸つかえ、消化促進、食欲不振(食欲減退)

ベリチーム酵素 9包の用法・用量

次の量を食後なるべく30分以内に、水またはぬるま湯でおのみください。
年齢・・・1回量・・・1日服用回数
成人(15才以上)・・・1包・・・3回
11才以上15才未満・・・2/3包・・・3回
8才以上11才未満・・・1/2包・・・3回
5才以上8才未満・・・1/3包・・・3回
5才未満・・・服用させないこと

●定められた用法・用量を厳守してください。
●小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
●本剤は腸溶性皮膜を施した顆粒が配合されていますので、砕いたりかんだりしないでください。また、口内に残らないように飲み下してください。

ベリチーム酵素 9包の成分・分量

ベリチーム酵素は、淡黄色と淡黄白色の顆粒の混合物です。消化酵素特有の味および臭いがします。3包(1g×3・成人1日量)中に次の成分を含有しています。
成分・・・含量(3包中)・・・はたらき
ビオヂアスターゼ1000(胃溶性顆粒/消化対象:でんぷん たん白質)・・・225mg・・・胃内で速やかに崩壊し消化を促進して胃もたれ、食欲不振などを改善します
リパーゼAP6(胃溶性顆粒/消化対象:脂肪)・・・187.5mg・・・胃内で速やかに崩壊し消化を促進して胃もたれ、食欲不振などを改善します
セルラーゼAP3(胃溶性顆粒/消化対象:繊維素)・・・112.5mg・・・胃内で速やかに崩壊し消化を促進して胃もたれ、食欲不振などを改善します
パンクレアチン(腸溶性顆粒/消化対象:でんぷん たん白質 脂肪)・・・937.5mg・・・食物とともに腸へ移ってから崩壊し消化を促進して消化不良の症状を改善します

添加物として カルメロースカルシウム、乳糖水和物、合成ケイ酸アルミニウム、マクロゴール6000、ヒプロメロース、ヒプロメロース酢酸エステルコハク酸エステル、クエン酸トリエチル、タルク、サラシミツロウ、含水二酸化ケイ素、トウモロコシデンプンを含有しています。

ベリチーム酵素 9包の使用上の注意

してはいけないこと

相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹・発赤、かゆみ
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください

ベリチーム酵素 9包の保管方法

(1)直射日光の当らない湿気の少ない、涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変化します)
(4)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
(5)使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。

ベリチーム酵素 9包の特徴

胃もたれ、消化不良に
消化薬

食物が私達の体の中で栄養分として利用されるためには、正常な消化が必要です。食物が体の中へ吸収・利用されやすい形にすることが消化であり、その役割の一端を担うのが消化酵素です。
ベリチーム酵素は、食物を効率的に消化吸収させるために、現代人の食生活に合うように各種の消化酵素を組み合わせ、低下した消化機能を助けるためにつくられた医薬品です。
  • ^※1 希望小売価格が0円と表示されているお薬は、オープンプライスです。
[ご利用上の注意]
薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、又は製薬会社の説明書にしたがって下さい。また、自分が疑っていた副作用が本書に記載してあるからといって、自己判断で服用をやめたりしないでください。疑問な点があれば、すぐに医師、薬剤師に相談して下さい。本サイトに掲載後に承認された新薬もありますので、不明な薬については、医師、薬剤師にお問い合わせ下さい。

[市販薬]は、セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります